古墳空中探訪 列島編

梅原章一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787718044
ISBN 10 : 4787718045
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
128p;26

内容詳細

古市古墳群、百舌鳥古墳群をはじめ、北は岩手から南は鹿児島まで、列島の主要古墳を空撮。

目次 : 大阪を飛ぶ(古市古墳群/ 百舌鳥古墳群/ 淡輪古墳群/ 河内・和泉の古墳/ 淀川北岸の古墳)/ 近畿周辺を飛ぶ(山城の古墳/ 丹波・丹後の古墳/ 播磨の古墳/ 近江の古墳)/ 東へ飛ぶ(三重の古墳/ 愛知の古墳/ 長野・山梨の古墳/ 関東の古墳/ 東北の古墳)/ 西へ飛ぶ(中国・四国の古墳/ 九州の古墳)

【著者紹介】
梅原章一 : 1945年兵庫県生まれ。日本写真専門学校卒業。写真スタジオ、航空写真プロダクションを経て、梅原章一写真事務所を開設。日本写真家協会会員。1970年代より古墳の空撮をはじめ、今までに撮影飛行した回数は数知れず。全国の古墳を撮影している

今尾文昭 : 1955年兵庫県生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業。博士(文学)。奈良県立橿原考古学研究所調査課長を経て、関西大学非常勤講師など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きいち さん

    考えてみたら当たり前なのだけれど、東にも西にもこんなに多くの古墳があるのだなあ、そして、それを圧する古市・百舌鳥の凄さ。特に古市。大山古墳(仁徳陵)の空中写真は見ることは多いけれど、古市古墳群、まさに「群」。◇実はうちのお墓は仲津山古墳(仲津姫陵)のすぐそばで、お参りのたび傍を通る。フェンスの向こうの緑の小山は、知識としてはわかっても、正直ただ邪魔な存在…だったり。だから巨大さや量、こうやって意義を見せつけられなければな。◇そして各地の整備された古墳の存在に驚く。登れるのか、なるほど。これは行ってみたい。

  • 小鈴 さん

    図書館館新刊コーナーで発見。奈良編は無かったので誰か借りたのだろう。しかし、読メの登録数は列島編が多いのは、奈良以外の九州から東北までの古墳を楽しめるからだろう。愛知県は三つの古墳が掲載していたが、三河はゼロ(笑)。熱田神宮のちょい先の小山っとぽいところのアレ、前方後円墳だったんか。。。断夫山(だんぷやま)古墳。東海地方最大なのは熱田神宮との関係を考えても納得だ。大阪の古市古墳群の前方後円墳祭りには大興奮だ。古墳の小宇宙や!奈良編もぜひ見てみたいっ!

  • はるわか さん

    大阪:古市古墳群、百舌鳥古墳群、淡輪古墳群、河内・和泉、淀川北岸。山城。丹波・丹後。播磨。近江。三重。愛知。長野・山梨。関東。東北。中国・四国。九州。

  • やま さん

    日本各地の古墳を空から見る企画。周辺の状況を合わせてよくわかります。眺めて楽しい本です。古墳が本の折り目になったり、見出しで隠れてしまっていることろが若干ありますが、古墳の迫力に圧倒される。

  • ひ※ろ さん

    ★★★☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品