風雲への序章 グイン・サーガ 123 ハヤカワ文庫JA

栗本薫 / 丹野忍

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150309381
ISBN 10 : 4150309388
フォーマット
出版社
発行年月
2008年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
栗本薫 ,  
追加情報
:
16cm,303p

内容詳細

ハゾスは、シルヴィアが生んだ赤子を殺すことができずロベルトに託し、公けには、王女は想像妊娠であったとして、赤子の存在を隠蔽した。そして、彼女の不祥事に関与した者たちを訊問し、事実関係を詳らかにしてゆく。苦悩するグインは、シルヴィアと話し合おうとするのだが、彼女からは憎しみに満ちた罵声を聞くばかりで、ついにグインは訣別の言葉を告げる。そして皇帝アキレウスも大きな決断を迫られようとしていた。

【著者紹介】
栗本薫 : 別名に中島梓。東京生まれ。早稲田大学文学部卒。77年中島梓名義の「文学の輪郭」で群像新人賞評論部門を受賞。78年『ぼくらの時代』で江戸川乱歩賞受賞。以後、作家・栗本薫、評論家・中島梓を使い分けて多彩な文筆活動を展開する。小説作品は、ミステリ、SF、時代小説、耽美小説と多岐にわたる。ライフワークともいうべき一大長篇ロマン「グイン・サーガ」は、2005年に100巻を達成し、早川書房より継続刊行中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nonたん さん

    序章〜〜。はじまり始まり〜〜。もう…。今までの話は何さ。ここからの話が本篇なんだと!三国志?グイン・ケイロニア、イシュトヴァーン・ゴーラ、リンダ・パロ??結局、最初の4人の仲間が残ってる。レムス復活とか?予言があったもんねぇ…すごく不吉なヤツ……。まぁ…先に進むしかない…残りが気になってきた…悲しくなるね。

  • きらら@SR道東民 さん

    123巻のここに来て序章とは、しかも栗本さん、三国志を書きたかったとの事。著者による完結を読めない事がただただ残念で無念です。

  • 瀧ながれ さん

    前半はケイロニア。シルヴィアの夫ではなくなっても、グインはアキレウス皇帝の息子で、後継者であるとの宣言があり、華々しい新年の宴がひらかれる。このあとに外伝の「七人の魔道師」が入るはず。…同じサイロンが舞台なのに、雰囲気が違いすぎて、もはや別の国のハナシですな(苦笑)。後半はゴーラのイシュタール。傷で臥せていた間に頭を使ったイシュトヴァーンは、リンダと結婚すれば、パロとつながっていろいろうまくいくぞ!と、また身勝手な発想に至る。リンダなら落とせる、だって元カノだし!という発言がもう、困った男子だなあ…。

  • Toshy さん

    ここに来て、新展開が始まりそうな感じ。ホントに壮大なシナリオなんだなぁ。と実感。とはいえ残り僅か。どんどん行きます。

  • きーみん さん

    前半グイン、後半イシュトの巻。グインは・・・ま、いいや(笑)イシュトには、高〜いところで綱渡りしてる人を見てるような気分にさせられる。それにスーたんの事がバレちゃったし。カメロンのばか!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品