山本直純と小澤征爾 朝日新書

柴田克彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022737328
ISBN 10 : 4022737328
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
248p;18

内容詳細

「お前は世界に出て、日本人によるクラシックを成し遂げろ。俺は日本に残って、お前が帰って来た時に指揮できるよう、クラシックの土壌を整える」小澤征爾は、自分より優れた才能を持つ山本直純の激励を受けて日本を飛び出し、クラシック界の巨匠への道を駆け上がって行く。
一方で山本直純は、「男はつらいよ」「3時のあなた」「8時だよ、全員集合」などのテーマ曲を手掛け、音楽の素晴らしさを庶民に伝え続ける。
しかし、その多才さゆえに、彼はクラシック界では異端の扱いを受けてしまった。クラシックを心から愛し、新日本フィルの立ち上げに奔走した二人の錯綜した人生をダイナミックに描く一冊。

【著者紹介】
柴田克彦 : 1957年福岡県生まれ。音楽ライター・評論家&編集者。國學院大學文学部卒。中学、高校、大学の吹奏楽部でトロンボーンを演奏し、東京フィルの裏方も経験。専門紙の編集者、クラシック音楽マネージメントの宣伝担当を経て独立し、雑誌、プログラム、宣伝媒体、CDブックレットへの寄稿、プログラム等の編集業務、講演や講座など、幅広い活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
山本直純氏の才能が凄かったことはよく知ら...

投稿日:2018/02/06 (火)

山本直純氏の才能が凄かったことはよく知られていたことですが、確かに人生の方向性を変えればもっと音楽史上に燦然と残る巨匠になっていたかもしれません。ちょっと勿体ないように思います。いずれにしても日本の音楽界や国民に与えた貢献度は大きいのですが。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けんとまん1007 さん

    小澤さんをして天才と言わしめる山本直純さん。確かに、印象に残っているのは、ここでも書かれているとおり、音楽を広めるというあたりのところばかり。今でも耳にすることがあるテーマ曲の、なんと多いことか。持って生まれた才能が溢れすぎた直純さんが、自分の立ち位置と、小澤さんの立ち位置も考え、動く。それを小澤さんは、わかっているという、この二人の関係性が凄い。たられば・・・な、どうしようもないのだが、直純さんが違う路線に行っていたら、どうなっていたんだろう?と思ってしまう。

  • 紅花 さん

    久しぶりに「森のうた」が読みたくなって、Amazonを検索したらヒットした本。山本直純さんの真の天才ぶりと、小澤征爾さんの努力や人柄がもたらす活躍。山本直純さんの音楽を聴くとき、メロディーもだけど、メロディー部分以外のパートに耳を傾けると、とても心地よい。本当の天才。日本のバーンスタインって言うけど、それもありだけど、彼の音楽はカジュアル、現代的に聞こえて、ものすごく古典的、伝統的な柱や梁があって、その上に成り立っている、んじゃないかしら?と思う。私はモーツアルトじゃないのかしら?と思う。

  • どん さん

    山本直純と小澤征爾の関係は知らなかった。中学生のころだったか、「オーケストラがやって来た」を毎週楽しみにしていた。この番組のおかげでクラシックが身近になった。また、小澤征爾も出演していたが、二人にこんな関係があったからと得心した。 確かに山本直純はもっと評価されるべき音楽家だと思う。そんなこともわかるし、二人の友情も素晴らしい。 山本直純さんの訃報を聞いた時はとても残念だった。今、存命であればどんなことをされているであろうか。 改めて二人の曲、演奏を聴きたい。

  • 華形 満 さん

    直純=天才肌、小澤=努力家の様な印象だが日本の音楽シーン(あえてクラシックに限定したくない)へ彼等が齎した功績は測りし得ない。また、一芸に秀でると得てして天狗になり周囲の人間関係がお座成りになりがちなのに、この二人はむしろ関係者をぐいぐいと引き付けてしまう人間性をも持ち合わせている所が凄い! 直純が小沢に言った「俺は底辺を広げるからお前は欧州へ行って頂点を目指せ」・・凡人にはなかなか言える台詞ではない。確かに山本直純は”超”過小評価されている音楽家だと痛感!

  • newman さん

    山本直純は、テレビで活躍している指揮者と思って見ていました。そして少しずつ忘れられていった指揮者とも思っていました。小澤征爾との中のいいこと、小澤征爾が非常に付き合いを大事にする人というのも良く分かりました。著者は山本直純が忘れ去られていくのはおかしい、もっと評価されていい人だと書いていますが、ああいう開けっぴろげさで活躍していたらやっぱり評価はされづらいし、時代に置き去りにされるのは仕方がないかなとも思います。山本直純のような破天荒な人が生きやすい時代もあったんだなぁ、と懐かしく読みました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柴田克彦

1957年福岡県生まれ。音楽ライター・評論家&編集者。國學院大學文学部卒。中学、高校、大学の吹奏楽部でトロンボーンを演奏し、東京フィルの裏方も経験。専門紙の編集者、クラシック音楽マネージメントの宣伝担当を経て独立し、雑誌、プログラム、宣伝媒体、CDブックレットへの寄稿、プログラム等の編集業務、講演や

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品