元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法

柴山和久

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478106907
ISBN 10 : 4478106908
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
237p;20

内容詳細

海外の機関投資家や富裕層にとってスタンダードな資産運用は「長期・積立・分散」。一般人には難しいその方法も、ロボアドバイザーを使えば、損を怖がる人間の脳に邪魔されることなく世界中の金融商品から最適なものを選び誰もが実践できるようになる―。国家公務員、留学、就職浪人、外資系コンサル、起業と自分の収入や資産もジェットコースターのようにアップダウンする中で考えたお金とのうまい付き合い方とは?

目次 : 第1章 5つの失敗から学んだ投資の鉄則/ 第2章 時間と世界を味方につける資産運用とは?/ 第3章 日本の資産運用はガラパゴス化している/ 第4章 日本人が知らなかった“正しい”資産運用/ 第5章 人間の脳は資産運用に向いていない/ 第6章 テクノロジーが実現する豊かな未来/ 第7章 お金から自由になったら何をしたいか

【著者紹介】
柴山和久 : ウェルスナビ代表取締役CEO。次世代の金融インフラを日本に築きたいという思いから、2015年に起業し現職。2016年、世界水準の資産運用を自動化した「ウェルスナビ」をリリースした。2000年より9年間、日英の財務省で、予算、税制、金融、国際交渉に従事。2010年より5年間、マッキンゼーにおいて主に日米の金融プロジェクトに従事し、ウォール街に本拠を置く資産規模10兆円の機関投資家を1年半サポートした。東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さだはる さん

    投資というより資産運用。プレゼン力が凄かった。投資の上っ面を解りやすく述べ、私の前半への疑問、でもさ〜、けどさ〜の答えが見事に用意されていた。そして人間の脳は資産運用に向いてない、AIをあなたにプライベートバンカーに≠フどんでん返し。近い将来この本通り「昔は自分で資産運用していた時代があったらしいよ」なんて世間話しをする時代になるのかもしれない。

  • かおり さん

    とてもわかりやすい思考法でした。私も同じ失敗をしたことがあるのでよけいに😅「人間の脳は資産運用に向いてない」けれど、それを理解しているので、今のところ「私は間違ってない」と確認。

  • ベラ さん

    ロボアドバイザーについて知りたかったので読んだ。まっとうなことが書いてあって安心した。長期・積立・分散は他の本でなんとなくわかってきたが、実践するときに勉強しても最適な投資信託なのか自信がなかったり、プラスマイナスでいちいち後悔したり、辞めたくなったり不安。年末に一部解約したりしていたのが、この本にある人間らしさ故だったとわかって、ああ損しないようにするのって普通に難しいんだなあ〜(私だけじゃなくてよかった)と思った。ロボがプライベートバンカーとして何をしてくれているのか?…がこの本で理解できてよかった。

  • デビっちん さん

    資産運用の王道は、「長期・積立・分散」と非常にシンプルですが、実践するのは難しいのです。なぜかと言うと、人は損失を気にしすぎる性質があり、そもそも投資には向いていないからです。プライベートバンカーが富裕層しか手助けできないのはキャパの問題でした。それを科学技術で解決し、一般人にも同様のサポート望んだのが、著者が開発したウェルスナビです。放ったらかし投資で資産を増やせれば、その分別のことにエネルギーを注げますね。

  • kubottar さん

    まあ自分で仮想通貨やFXをやるよりこっちの方がいいかな、とは思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品