「小さきもの」の思想 文春学藝ライブラリー

柳田国男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168130113
ISBN 10 : 4168130118
フォーマット
出版社
発行年月
2014年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
415p;16

内容詳細

柳田国男は詩人、官僚、ジャーナリスト、民俗学者と移動と試行錯誤を続けながら、生涯にわたって、資本と国家を乗り越える「来たるべき社会」を追究していた。その「可能性の中心」がくっきりと浮かび上がる、まったく新しいアンソロジー。

目次 : 第1章 文学と柳田国男/ 第2章 山の人生/ 第3章 島の人生/ 第4章 「大正デモクラシー」を担う/ 第5章 民俗学=史学の方法/ 第6章 日本の歴史/ 第7章 小さき者と言語/ 第8章 死者との交通

【著者紹介】
柳田国男 : 1875年、兵庫県生まれ。1900年、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、農商務省に入省。法制局参事官、宮内書記官、内閣書記官、貴族院書記官長などを歴任。日本民俗学の礎を築く厖大な研究を残し、その文業は民俗学にとどまらず、歴史学、文化人類学、宗教学、小説など、今もなお、多大な影響を与えている。62年没

柄谷行人 : 1941年、兵庫県生まれ。哲学者。69年、「“意識”と“自然”―漱石試論」でデビュー。文芸批評から出発しながらも、マルクス、カントなどを論じ、その枠に収まらない根源的思考を展開してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    社会主義の理想の実行さるる椎葉村(・点、67頁)。信州などはずいぶん急傾斜の山が桑畠になっており、明治から焼畑、切替畑のよほどの面積が常畠になった(120頁)。

  • 玖奈珠多 さん

    学校や学習塾では習わない歴史、伝記や偉人伝とは異なる歴史、日常生活の歴史。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柳田国男

日本民俗学の創始者。1875(明治8)年7月31日、医師で国学者の松岡操の六男として兵庫県神東郡田原村に生まれる。東京帝国大学で農政学を学び、農商務省入省。在職中、信州飯田藩出身の柳田家の養嗣子となり、また視察や公演で訪れた地方の習俗や伝承を研究し『遠野物語』『名字の話』などを著す。1919(大正8

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品