伊藤くんA to E

柚木麻子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344024588
ISBN 10 : 4344024583
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
追加情報
:
242p;19

内容詳細

伊藤に長い間片思いするが、粗末に扱われ続けるデパート勤務の美人。伊藤からストーカーまがいの好意を持たれる、バイトに身の入らないフリーター。伊藤の童貞を奪う、男を切らしたことのないデパ地下ケーキ店の副店長。処女は重いと伊藤にふられ、自暴自棄になって初体験を済ませようとする大学職員。伊藤が熱心に通いつめる勉強会を開く、すでに売れなくなった33歳の脚本家。こんな男のどこがいいのか。5人の女性を振り回す、伊藤誠二郎。顔はいいが、自意識過剰、無神経すぎる男に彼女たちが抱いてしまう恋心、苛立ち、嫉妬、執着、優越感。ほろ苦く痛がゆい著者会心の成長小説。

【著者紹介】
柚木麻子 : 1981年東京都生まれ。立教大学文学部フランス文学科卒業。「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞。2010年、受賞作を含む連作集『終点のあの子』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ウッディ さん

    実家が金持ちでイケメンだけど、自意識過剰でめんどくさい伊藤くん。そんな彼の周りの5人の女の子の視点からの物語。女性から好かれるのに、男の友達はおらず、人望もない。傷つく事を怖れて、何も決めようとしない、そんなダメダメで痛い奴の伊藤くんを取り巻く女性達も結構、ドロドロでした。自分を好きになり、ぐいぐい押されると引いてしまい、好きになった女性からはそっぽ向かれる伊藤くんは、かわいそうだけど、自業自得。自分の近くに伊藤くんみたいな男がいると、かなり鬱陶しい。軽い内容かと思いきや、ドヨーンとした読後感でした。

  • ダイ さん

    伊藤くんをめぐる5人の女の連作短編集。帯にあるようにこんな男のどこがいいのかが全然理解できない。

  • 紫 さん

    読み手も「なんなんこいつ」という気持ちでいっぱいにさせられるハイパークズ男・伊藤くん。辻村深月作品なら殺されてるぞ…。戦い(社会)から外れることで周りの逆鱗を不躾に触れ、突きつけるサトリの妖怪(解説では「鏡」と評されていましたが)になったことが彼の不気味さの原因かも。皆が「あいつに怒ってもしょうがない」と端から諦めていたことであの人格が培われた気もする。(2017追記:実写化されるそうですが岡田将生なら安心。適任かも。)余談ですが「煮詰まる」を「行き詰まる」の意で使っている間違いにモヤモヤ

  • 風眠 さん

    様々な女の視点から見た「伊藤くん」。彼はありとあらゆる形で「クズ」を体現している男だ。伊藤に雑に扱われる都合のいい女・A、伊藤からストーカーされる塾のバイト・B、伊藤の童貞を奪ったデパ地下ケーキ屋副店長・C、処女は重いと伊藤にフられ、誰でもいいから済ませようと必死な大学職員・D、そして伊藤が通う勉強会を主宰する、売れない脚本家・E。嫌だとか何とか言いながらも伊藤に執着するのは、彼の中に自分が見えるから、本当の自分を認めるのが怖いから。何だか痛いところ突かれちゃったなー、って思わず我が身を振り返る連作小説。

  • hiro さん

    柚木作品5冊目。少しずつ重なっている5編の連作短編集。直木賞候補になったということで、いつも以上に期待して読み出した。しかし、残念ながら、伊藤くんがつかみどころがなく、また、まったく違う個性に設定された各短編のヒロイン、A島原智美、B野瀬修子、C相田聡子、D神保実希が、読み終えてみると、みな似たような4人に思えた。最後の売れなくなった33歳の脚本家、E矢崎莉桜のぐたぐた感は、耳掃除動画を観ている途中のように、嫌なものを観ているようだったが、そのまま終わらず最後に少し変化がみえ、5編の中で一番印象に残った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柚木麻子

1981年東京都生まれ、立教大学文学部卒業。2008年「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞を受賞。受賞作を含む連作短編集『終点のあの子』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

柚木麻子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド