柚木沙弥郎のことば

柚木沙弥郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766134612
ISBN 10 : 4766134613
フォーマット
出版社
発行年月
2021年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;19

内容詳細

染色家・柚木沙弥郎を長年取材しつづける編集者・熱田千鶴だからこそ書ける、柚木沙弥郎のことば。

目次 : 口絵―染色作品を中心に/ はじめのあいさつ(柚木沙弥郎)/ はじめに(熱田千鶴)/ 98歳の今思うこと/ 柚木沙弥郎をひもとく/ 口絵―ドローイングやスケッチを中心に/ 再録/ 日々のつれづれ/ あとがき(熱田千鶴)/ おわりのあいさつ(柚木沙弥郎)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶんこ さん

    柚木沙弥郎さんを全く知りませんでした。最初のページから数枚は作品の写真だったのですが、軽く見る程度だったのが、読み進むにつれて興味津々。何度も写真を見直したり検索をかけたり。この本の熱田さんもすごい。8年間も取材を続けてこられて柚木さんへのリスペクトが溢れていました。「物心ついたのは80歳から」の今年99歳のお言葉に元気をいただきました。「沙弥とは勉強中の坊主」とのことで、祖父が名付けたそうです。「旅の歓び」も読みたいのですが、図書館にはなく、なんと24,800円。図書館でリクエスト受付できるかな。

  • みつばちい さん

    今年で100歳の染色家柚木沙弥郎に8年取材した中で紡がれた言葉をまとめた本。以前柚木さんの展覧会に行った時に買って、積読でした。心に響くことばがたくさんありました。80歳になってようやく物心ついた、いつから始めたっていいんだよ、の言葉は中年にこそ響きますね!

  • ふう さん

    2024年1冊目。今102歳の柚木さん。お住まいのリビングの楽しいディスプレイが生活の質を物語る。表紙をはじめ、章ごとのカラーページがどれも素敵。今年は芹沢_介を見に行く予定だが、そのお弟子さん(柚木さん)の話も素晴らしい。セント・マイケルズ・マウントとアルフレッド・ウォリスの絵の話、行ってみたいし見てみたい。北欧にも行きたい。今年したいことが一気に増えた。

  • ツキノ さん

    2021年2月発行。出会いから出会いから8年、様々な媒体で取材を重ねた編集者・熱田千鶴による柚木沙弥郎のことば集。いわゆる名言集ではなく、章の頭に熱田氏による解説がつくので、柚木沙弥郎を知らない人にも、これまでどのような活動をしてきたのかわかるようになっている。写真も多数あるのが魅力。最近の「柚木ブーム」は作品と人柄がセットになっている、というのも頷ける。ずっと根っこにあるという民藝、アート、旅、本についてなど、読んでいてとても楽しかった。いくつも引用して心にとどめておきたい言葉がある。

  • ochatomo さん

    展覧会へ行く前に読む 生粋のシティボーイで御年99歳の現役アーティスト! 8年かけて取材した前向きなことばを紹介 『まずは継続して、そして自信をつけること』 『“社会的な個人”と“個人的な個人”がある。』 2021刊

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品