災い転じて美女となす 美女入門プレイバック マガジンハウス文庫

林真理子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838770489
ISBN 10 : 4838770480
フォーマット
出版社
発行年月
2010年08月
日本
追加情報
:
15cm,258p

商品説明

未だ見ぬ恋人に思いを馳せながら、なかなか実現しない夢への焦燥感に胸を焦がす。。。青春時代ならではの甘酸っぱい記憶がよみがえる甘く切ないメモリーを綴ったこのエッセイは、まさにアンアンの大人気連載エッセイ「美女入門」のルーツ。文庫化にあたり、特別企画として、AKB48総選挙でNo.1となった大島優子さんとの語り下ろし対談 を集録。「私のスフレ」改題。

内容詳細

今も思い出すたび、胸がきゅんとする。まだ若かりし頃の甘く切ない思い出。東京へ行けば、素敵なことがきっと起こると夢見ていた…。anan連載の超人気エッセイ「美女入門」のルーツはココにあった!特別企画として、国民的アイドルAKB48の大島優子との初対談、小学校〜高校時代の作文も収録。

目次 : 少女の岐路(セーラー服と毛糸のパンツ/ 少女の魂/ 彼女の居場所 ほか)/ 純情な時代(東京の家/ つかの間の自負/ 世界の入口で ほか)/ 青春の落とし物(無邪気な春/ 母の願い/ 初恋の人 ほか)

【著者紹介】
林真理子 : 1954年山梨生まれ。コピーライターを経て作家活動を始め、82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーに。以降、86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美登利 さん

    やはり既読でした。「私のスフレ」を改題したもの。時々、他のエッセイにも見られる、真理子さんの中学〜高校時代を振り返っての話が中心。10歳違うけど、田舎ってのは我が街も大して変わらない。だけどこんなに身なりを構わない女の子は居なかったような気がします。それにしても、凄すぎる高校生ですよね。文芸部での作文があまり今と変わらないです。私は初期の頃の真理子さんの小説が好きです。エッセイは気楽に読めるので出たらつい読んでしまいます。

  • きたむらさんえ さん

    いつもの美女シリーズかと思って手に取りましたが、違う(笑)ほぼ著者の小学〜若手の頃のエッセイでした。そこまで面白くなかったな。残念。

  • anken99 さん

    自分で買ったわけじゃないんだが…。アンアンの連載をまとめた本書。特に学生時代のエピソードが大部分だ個々は面白いんだが、毎回オチが屈折している。なんだろう?ハッピーになれない読後感。

  • レクサソ さん

    それなりに面白かったけど、再読はないね。図書館で十分でした。

  • tomi28 さん

    本棚にあったんで、なんとなく暇つぶしに読みました。 決してためになる本ではなく、少々作者の自慢話が鼻につきますが、過去の自分を客観的に見れていることに対しては好感が持てます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

林真理子

1954年山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒。82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーに。86年『最終便に間に合えば』『京都まで』で第94回直木賞、95年『白蓮れんれん』で第8回柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で第32回吉川英治文学賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品