日米開戦 陸軍の勝算 「秋丸機関」の最終報告書 祥伝社新書

林千勝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396114299
ISBN 10 : 439611429X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
追加情報
:
254p;18

内容詳細

七十年前のあの戦争は、本当に無計画で非合理なものだったのか。開戦を決意した陸軍は無謀にも、勝算のない戦いに、やみくもに突入したのか。そんなはずはない。近代史を研究する著者は「陸軍省戦争経済研究班」の報告書を詳細に調査し、少なくとも陸軍は、科学性と合理性に基づいて開戦に踏み切ったことを知る。「秋丸機関」と呼ばれた研究班は、第一級の英才を動員し、英米の経済力を徹底研究。報告書は大本営政府連絡会議に上げられたのだった。報告書の真相は戦後、意図的に歪曲化され、闇に葬られた。そこには何が書かれていたのか。報告書の真の意図を探り、常識に一石を投じる驚愕の研究!

目次 : 第1章 「陸軍省戦争経済研究班」(秋丸機関)が、大東亜戦争を創った(太平洋戦争と大東亜戦争/ 攻防の策を講ぜよ ほか)/ 第2章 帝国陸軍の科学性と合理性が、大東亜戦争の開戦を決めた(帝国陸軍の科学性と合理性が、大東亜戦争の開戦を決めた/ ドイツの対ソ戦を冷静に判断 ほか)/ 第3章 山本五十六連合艦隊司令長官が、大東亜戦争を壊した(山本五十六の大罪/ 「今後採るべき戦争指導の大綱」と、第二段作戦への危惧 ほか)/ 第4章 歴史の真実を取り戻せ!(有沢広巳の不都合な真実/ 秋丸次朗の不都合な真実 ほか)

【著者紹介】
林千勝 : 1961年生まれ。東京大学経済学部卒。富士銀行(現・みずほ銀行)、高度医療機器メーカーを経て、現在、不動産投資開発会社・専務取締役。長年、わが国の近現代史、特に先の大戦などの研究に取り組む。評論家・西尾幹二氏に師事し、西尾氏主宰の研究会・坦々塾会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hdo obata さん

    何の勝算もなく、メンツと勢いで、対米英戦争に突入した 陸軍軍部と最後まで陸軍の暴走を押さえようとした海軍・・・。こういうイメージ、先入観が小生を含め現在の日本人は持っているのでないか?しかし陸軍は科学的合理的に緻密なシミュレーションを行い、勝利の方程式、勝てる戦略を立案し、それに基づいて日本は開戦を決断した。しかしその戦略(対英戦)を壊し、必敗の対米英戦にしてしまったのは、連合艦隊司令長官山本五十六であった。山本を抑えられなかった軍令部が勝てるはずの大東亜戦争を、悲惨な太平洋戦争にしてしまったのである。

  • skunk_c さん

    噴飯物。秋丸機関の新資料とのことだが、結論(アメリカには短期戦では勝機があるが長期戦は厳しい。よってイギリスを屈服させて講和)は既知の内容と変わらない。「シミュレーション」という言葉や無意味な数字の羅列(添付された表を見れば分かる)をもって、「陸軍の科学性と合理性」というが何の裏付けもない。イギリス本土に侵攻してそれを屈服させるのは結局ドイツであり、従来の「他力本願」と同様ではないか。海軍、特に連合艦隊(山本五十六スパイ説まで登場)がすべてを壊したというが、要は陸海軍の連携と戦略がなかっただけではないか。

  • futabakouji2 さん

    陸軍は中東まで攻め込んで、イギリスを降伏させること。当時の陸軍が思い描いた作戦でした。まあ、インド洋を支配していたイギリスの利権を破壊するのは当然だわな。わざわざスエズ運河まで作ってイギリスはインド洋、南シナ海にやって来るのだから。ペルシャ湾、紅海を押さえてイギリス〜オーストラリア、東南アジアの物流を切るのも納得。なんか陸軍の本というよりもインド洋の地政学を読んでいるような本だった。

  • 新父帰る さん

    開戦前に日米戦争に勝利する戦略はあったのかという疑問を今日まで抱懐していたが、本書に依って初めて、その青写真が上梓された。英米の経済力を徹底分析した報告書が「陸軍省戦争経済研究班」の下で昭和14年から纏められた。確かに、この報告書通りに作戦を遂行すれば、英米との戦争の勝算は高かったという印象を持ったが、ただ1点、「比較的脆弱な蒋介石の政権」の屈服は、あの広い大陸で可能だったのかという疑念は残る。この報告書での発見は日独の連携が現実味を帯びていたことだ。最後に、この勝算を狂わした元凶は山本何がしだ!スパイ?

  • koba さん

    本書は「陸軍省戦争経済研究班」が対戦国を分析した抗戦力調査に基づき策定した「対英米蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」が国家戦略であり、海軍が東進したことによってそれを潰したと論じている。インド洋の制海権を握ることで英国を圧迫して独国が勝利すれば米国は厭戦気分が満ちて早期講和に応じると言うもの。ただ、肝心の日本の抗戦力調査が未発見とのこと。はたして開戦当初にインド洋の制海権を握っても西南アジアを含めた輸送用船舶を確保できるのか、その保護のために海軍が護衛できるかは不明。本書では対戦国の攻撃力に触れていないから。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

林千勝

東京大学経済学部卒。富士銀行(現みずほ銀行)を経て、現在、不動産投資開発会社役員。長年、近現代史の探究にとりくむ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品