世界一おいしい火山の本 チョコやココアで噴火実験 自然とともに

林信太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338186087
ISBN 10 : 4338186089
フォーマット
出版社
発行年月
2006年12月
日本
追加情報
:
21cm,127p

内容詳細

食いしん坊の火山学者・林信太郎が、数々のおいしい実験を通じて火山のしくみをやさしく説明。火山のめぐみを生かしつつ、上手につきあっていく方法を紹介。また万が一、噴火に遭遇したときの心得も伝授する。

【著者紹介】
林信太郎 : 1956年に北海道、樽前火山のふもとで生まれた。秋田大学教育文化学部地学研究室教授、理学博士。専門は火山地質学、火山岩石学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふじ さん

    いつかの読みたかった本。児童書。火山の噴火によって発生する現象を、キッチンでお菓子を使いながら楽しく再現し、危険に備えることを目的とした本。だがしかし…地学を取らなかった自分には少し難しく。あわよくばもう少し挿絵が欲しい!火山が恐れだけでなく恵みを与える存在というのが具体的に知れたのは良かった(肥沃な平野、地熱、貯水,景観)2014年の御嶽山噴火より前に書かれた本作。この当時の「噴火は予測できる」から「水蒸気爆発型は予測が難しい、急な噴火に出会ったら?」に防災の形は変わっているので注意。

  • 嘉歩 さん

    娘が通う小学校の校長先生が書かれた本を図書館で見つけたので借りてみました。教科書にも使われているらしい。親子で楽しめる本である。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    第53回青少年読書感想文コンクール課題図書 中学生 美味しそうな実験が載っています。子どもたちに分かりやすいような火山の解説の中に実験が入っているので、興味をひくことはありますが、メインではありません。火山国日本、上手く付き合っていかなくてはならないし、万が一の災害に備えることも大事ですね。

  • あーさん☆転スラ·薬屋·本好き·魔導具師ダリヤ·天久鷹央·かくりよと続々アニメ最高です!!(⁠≧⁠▽⁠≦⁠) さん

    実験したい!

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    教育出版国語 4年生 【平成27年度教科書掲載本 令和2年度教科書著者掲載本】

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

林信太郎

秋田大学教育文化学部教授・同学部附属小学校校長。理学博士。1956年、北海道・樽前山のふもとに生まれる。北海道大学理学部卒業。東北大学大学院博士課程後期修了。専門は火山地質学、火山岩石学。食材や身近な材料を使ったおいしく楽しい数々の実験を開発。それらをまとめた著書『世界一おいしい火山の本 チョコやコ

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品