BEASTARS 15 少年チャンピオン・コミックス

板垣巴留

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784253229036
ISBN 10 : 4253229034
フォーマット
出版社
発売日
2019年10月08日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18

内容詳細

メロンの凶弾に倒れたレゴシ。生死の境でまさかの幽体離脱!? さらには自殺した母と再会…!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鱒子 さん

    彼女の自宅前で遭遇した父親と彼氏はーー。そしてヤフヤによるメロン狩りはーー。ビースターズは静と動の展開が上手いなぁ。

  • ケー さん

    突発的にハルの家族登場。とりあえずお父さんには認められたようで一安心。そしてコーポ伏獣編は一旦おやすみでメロン編とでもいうべき展開。ヤフヤとコンビを組めるかってところまで行ったけれど中々上手くはいかず。立場の近いメロンに共感してしまうのはレゴシの性格を考えると仕方ない。さらには久々シシ組にルイとの再会、なんならレゴシ出生の秘密まで明らかになっているのでえげつない密度の今巻。レゴシママの運命とその儚さを思うとつらい。お母さんと会話する方法、展開は予想の斜め上だよ。。。

  • ミナ さん

    シシ組が〜!ルイ何とか救ってやってよ〜。 配慮配慮と言いまくり悪を取り締まることもできないから怒るヤフヤ様。平等を求める社会と違うのにみんな同じにしようとする大衆心理。「平等って何やねん?」とよく学校教育で主張される「平等」に疑問符がついたものだけど、本当にビースターズ現代社会に対して問題提起しているわ〜。この動物たちの社会では最終的にどんな答えを出すのだろう。

  • もりた さん

    全身にぶわっと鳥肌がたつような終わりかただった。 この世界では、誰もが不器用だし完璧ではないけれど生を謳歌していて、脆く美しい。

  • すず さん

    いきなりハルの家族とお食事会からスタート。 肉食と草食じゃ体格差がすごいからレゴシにとっては色々ちっちゃい。 ハルのお父さんとレゴシのやり取りが好きです そして、シリアス展開の仮面舞踏会。 ルイとシシ組の今後 そしてレゴシのお母さん。 これからどんどん変わっていく世界にレゴシがどう歩いていくのか楽しみです

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

板垣巴留に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品