自己の中に永遠を

板垣与一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784835574196
ISBN 10 : 4835574192
フォーマット
出版社
発行年月
2004年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
338p;20

内容詳細

西洋の哲学・思想研究にあらずば学問に非ずという風潮の中で、断固としてアジアに固執し経済発展に尽力、人を愛し、人に愛され、94歳まで矍鑠として凛とした人生を終えた一橋大学名誉教授・板垣与一の生涯を回顧する。

目次 : 第1章 卒寿断想/ 第2章 父・板垣外次郎伝―釣四三『流れの道』より/ 第3章 回想断片/ 第4章 アジアのあけぼの―太平洋戦争従軍記/ 第5章 思い出のインドネシア/ 第6章 アジア論・国際経済協力問題/ 第7章 教育者として/ 第8章 身辺雑話/ 第9章 教えを請うとあとが大変だった―板垣哲史、父を語る/ 付録 自作歌詞集

【著者紹介】
板垣与一 : 一橋大学名誉教授、経済学博士。1908年、富山県新湊市に生まれる。高岡商業、小樽高商を経て東京商科大学(現・一橋大学)卒業(32年)。同大学の助手、助教授、教授、経済学部長、付属図書館長を経て定年退職(72年)。亜細亜大学教授、経済学部長、大学院研究科委員長を経て定年退職(86年)。八千代国際大学初代学長在任、5年後退職(93年)。80年、勲二等瑞宝章受章。2003年8月28日没。著書に、『アジアの民族主義と経済発展』(日経・経済図書文化賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

板垣与一

一橋大学名誉教授、経済学博士。1908年、富山県新湊市に生まれる。高岡商業、小樽高商を経て東京商科大学(現・一橋大学)卒業(32年)。同大学の助手、助教授、教授、経済学部長、付属図書館長を経て定年退職(72年)。亜細亜大学教授、経済学部長、大学院研究科委員長を経て定年退職(86年)。八千代国際大学初

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品