100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

松浦弥太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838724932
ISBN 10 : 4838724934
フォーマット
出版社
発行年月
2012年09月
日本
追加情報
:
419p;18

内容詳細

目次 : 松浦弥太郎の『100の基本』/ COW BOOKSの『100の基本』/ あなたの『100の基本』

【著者紹介】
松浦弥太郎 : 1965年、東京生まれ。文筆家、書店『COW BOOKS』代表、雑誌『暮しの手帖』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    松浦さんの箴言集とそのちょっとした解説文が見開きに収められています。本として贅沢な感じの作りになっているのですが、私は何度も読みたい気がするので、紙を薄くして、版も半分くらいにしてもらって常に持ち歩きたい気がしました。結構本についてのいい言葉があります。何度も読み返したい本です。

  • masa@レビューお休み中 さん

    『100の基本』は、松浦さん自身が日々生活の中で実践している基本の心がけを紹介しています。生活の信条といっても良いのかもしれませんね。自分を知るために、自分について考えるために、自分の成長のために、自分の学びのために、そして自分らしく生きるために…。松浦さんの裏表のない、真摯な姿勢というのは見習いたいと思ってしまいます。ひとつでも身につけることで、毎日の生活の見え方が変わるような気がするのです。

  • Babachan.com さん

    基本が大事です。結構難しそうなのもありましたが、自分の考えを言う前にこういう基本的な事を自分は守ろうとしてきたのかそう自省したいと思います。

  • ユウユウ さん

    松浦氏の100の基本のほんの一部しか出来てないな。耳が痛いことばかりでした。でも出来るだけ姿勢や感じは良い人になれるように心がけたいと思いました。こんなんなれたらかっこいいな。

  • だいすけ さん

    小さなことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただ一つの道。とんでもない一冊に巡り合った。ブログに感想を書きました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松浦弥太郎

エッセイスト、編集者、クリエイティブディレクター。1965年東京・中野生まれ。若き日にアメリカで書店文化に触れ、古い洋書を扱うエムアンドカンパニーブックセラーズを立ち上げる。2003年、COW BOOKSを中目黒にオープン。2005年から9年間『暮しの手帖』編集長を務め、現在は(株)おいしい健康・共

プロフィール詳細へ

松浦弥太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド