日本懐かしお菓子大全 タツミムック

松林千宏

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784777818631
ISBN 10 : 4777818632
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
追加情報
:
125p;21

内容詳細

子どもの頃、一番の楽しみだったおやつの時間、世代共通の懐かしき"昭和のお菓子"一挙大集合!

【日本懐かし大全】シリーズ第15弾のテーマは、昭和の「お菓子」。現40代くらいを中心とした世代が幼少期や少年時代に慣れ親しんでいた思い出の菓子類を、ページが許す限り
網羅して紹介します。ポテトチップス、クッキー、ビスケット、クラッカー、せんべい、チョコレート、キャンディ、キャラメル、ラムネ、ガム……などなど様々なカテゴリー別に、
ロングセラーや今はなき人気商品を掲載。駄菓子系やローカルなご当地お菓子なども多数収録する予定です。その他、各種コラムやインタビューなど興味深い記事が満載、充実した内容の一冊となります。


【主な構成内容(予定)】
●巻頭特集
昔も今もみんな大好き! THE 定番お菓子

●今でも大人気! 昭和生まれのロングセラー商品

●忘れられないあのトキメキ 今はなき昭和のヒット商品

●地元のソウルお菓子

●夢のお菓子回転台「スイートプラザ」

●インタビュー 唯一無二!? あの商品を作るメーカーを直撃!

●各種コラム
あの頃集めたお菓子の「おまけ」
放課後通った「駄菓子屋」の風景
予算は300円! 「遠足」のお菓子

……etc.


著者 / 松林 千宏
お菓子勉強家。「お菓子通選手権」など3度のテレビチャンピオン優勝歴を持つ、この世界では著名なオーソリティ。自称日本一のお菓子好き。
『マツコの知らない世界』(TBS系)などにも出演。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美登利 さん

    な、懐かし過ぎる〜。このシリーズはジュースを読んだことがありますが、やはりお菓子の方が身近だし種類が多い。どのページを捲っても知らないお菓子はなかったかもしれません。私が生まれた頃から販売された商品もパッケージは変わっても未だに製造されてるものが多い!それでもガム系はかなり減ったかしらね。私の子供の頃はオマケ付きのお菓子は時々買ってもらえる特別なものでした。甘いお菓子、特にチョコレート類は苦手であまり食べたことが無かったけれどセコイヤチョコレートのイチゴは好きだったなぁとか色んな記憶が蘇る1冊です。

  • bianca さん

    借本。昭和お菓子は丸ごと子供時代の思い出。パッケージもときめくが、“スポロガム”とか“たこちゅう”のオマケがまた懐かしい!たこちゅうは、つなげたり、鏡に貼り付けたり、家じゅうにいたような…。父親がガムの小包み紙のコレクションをしてたのも思い出した。ミルキーの箱には紐が付いていて、まるでバッグ気分で持ち歩けたな〜。同年代で一緒に見てたら話が尽きないだろう。昔のお菓子の懸賞が、Tシャツ5千名様とか、トレーナー5万名とか太っ腹だったのもビックリ。

  • ひめありす@灯れ松明の火 さん

    知ってる!あった!懐かしい!好きだった!これよくおばあちゃんの家にあった!と記憶がばーっと蘇ってきました。セボンスター好きだったなあ。振って中身をあてる高度な技術を持っている子がいたっけ。今でもブルボンのちょっとソフトなケーキシリーズは食べる時に優越感に浸ります。ブルボンは何だかんだクオリティが高いなー。祖母が好きだったのかよく食べました。販売終了の物あるけど殆どの物は今も売っているという事で探してみたい。逆に平成になってから発売されたお菓子で生き残ってるのって何だろう……チュッパチャップス?じゃがりこ?

  • 紫陽花と雨 さん

    大人も子どもも大好きで、なくても生きていけるけど、あると何だか嬉しくなるものーそれはお菓子!お菓子発売年表や開発秘話、歴代レトロパッケージから「いつ販売終わったのー!」という悲報まで…5/8チップと不二家のノースキャロライナキャンディが終了なのがショック。必ずお気に入りや懐かしのものが見つかるでしょう、あの頃の情景も蘇るかもしれません。セボンスターのペンダント欲しいのなかなか当たらなかったなぁ…なんて懐かしさに浸れる一冊。副作用:かなりの確率でお菓子を買いたくなる衝動が起こることがあります。

  • mayu さん

    「きゃーっ!!!かあーさん!かあーさん!ペコちゃん怖いー!!!怖い!!!ペコちゃん整形してる!!!」ムスメちゃん何言ってるんだ?って、そばに行ってみると「成功だよね。成功!成功!可愛くなったよね」うぅぅん。確かに今見たら、昔のペコちゃんはちょっと怖い。でも整形ではないよ。「小梅」に「小夏 」や「小雪」があったなんて知らなかった。古いパッケージを見るたびに生まれてた?生まれてた?と聞かれるのは、だんだん気分が凹んできたが、家族で見るのも楽しかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品