ロープウェイ探訪 昭和の希望を運んだ夢の乗り物!

松本晋一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766129335
ISBN 10 : 4766129334
フォーマット
出版社
発行年月
2016年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
159p;21

内容詳細

観光地を彩る昔と今のロープウェイの魅力を伝える一冊!!現存しない索道の写真、絵葉書、チケット、パンフレットなど昭和を伝える貴重な資料も満載。

目次 : 1 昭和を感じるロープウェイ(宝登山ロープウェイ/ 吉野ロープウェイ/ 鋸山ロープウェー/ 御在所ロープウェイ/ 須磨浦ロープウェイ ほか)/ 2 全国ロープウェイガイド(函館山ロープウェイ/ 有珠山ロープウェイ/ 小樽天狗山ロープウェイ/ 札幌もいわ山ロープウェイ/ 登別温泉ケーブル/富良野ロープウェー ほか)/ ロープウェイ資料室

【著者紹介】
松本晋一 : 昭和の面影が残っているロープウェイを求めて平成17年からロープウェイ巡りを開始。同時にロープウェイ関連のコレクションも始まる。ホームページの「歓喜の索道」、ブログの「頭の中はロープウェイ」でその活動の様子を発信。平成26年CBCテレビ「花咲かタイムズ」にロープウェイ愛好家として出演。本業はタップダンサーで、父親はコメディアンの故早野凡平(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 山猫 さん

    うひゃーたまらん!タモリさんにとっての天敵ロープウェイ(笑)なんとやらと煙は高いところが好きとはいうが、その高いところへ行くためのロープウェイもまた好物なのだ。 ここも行った、あそこも行ったと、実に楽しい! しかも、廃止になったところやチケットやおもちゃまでしっかり掲載・記載。ロープウェイファンならずとも楽しめること請け合い。 続編で「ケーブルカー」や「チェアリフト」、「モノレール」なんかもやってくれないかなぁ。 摩擦式ばかりが鉄道じゃないぞ^_^ ちなみに著者はあの早野凡平氏のご子息である。

  • yk さん

    そもそもロープウェイがあるところってなんかちょっと昭和。最大166人乗れるロープウェイなんてのもある!こわいな・・・。後半の古いチケット、絵はがきよかったですよ。デザインがかわいい!

  • Yutaka Matsuzawa さん

    JR全線はそろそろ乗り終わりそうなので、次はこれかなと・・・。山もきれいに見えそうだしいいかも。

  • ナツ さん

    オールカラーで全国のロープーウェイを紹介!なかなか類書が無いので資料としてもいいかも。後半は、古いロープーウェイ絵葉書やグッズの紹介もあり面白かった。

  • はささ さん

    こういう本大好き。ロープウェイ巡りがしたくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品