バッタロボットのぼうけん ポプラ社の絵本

松岡達英

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591158821
ISBN 10 : 4591158829
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
40p;31

内容詳細

ふしぎなロボットにのって世界の大自然を冒険!しらない生きものに会いにいこう!

【著者紹介】
まつおかたつひで : 1944年新潟県長岡市生まれ。日本はもとより、世界五大陸で自然観察の旅をし、数多くの絵本を発表。受賞作品も多く、第58回青少年読書感想文全国コンクール低学年の部に『ぼくがきょうりゅうだったとき』(ポプラ社)、第22回日本絵本賞に『イモリくんヤモリくん』(岩崎書店)などが選ばれている。2000年からは長岡市にアトリエを構え、里山に暮らしながら大好きな自然を描いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    常々、昆虫の体はまるでロボットのようだと感じるので、これは楽しい本でした。松岡さんらしいこだわりの濃やかな描き込みが楽しい。情報量の多さが嬉しい。ボルネオ島、オーストラリア、ニュージーランド、どこも野生の生き物が多く生息する地域。観察、研究、冒険の要素で、読み応え十分。

  • umico さん

    一人読みむき。色んな生き物が出てきてわくわくする。間取り図好きな私はバッタロボットの断面図が好みなのです。描き込みの細かい本いいわ〜。読み聞かせ向きではないけど。

  • ハパナ さん

    赤いバッタ型ロボットに乗って、空を飛び旅をする。オセアニア紀行が楽しめます。最近バッタとかカマキリを見ると、香川さんの顔が頭をよぎってしまう。

  • 舟江 さん

    ボルネオのジャングルの絵は良かった。ドイツ表現派のカンディンスキーの絵のようであった。

  • kikiみみ さん

    私もこんな夏休みを過ごしたい!と夢が広がる。さすがの松岡達英さんです。細部までこだわる絵と可愛いイラストとワクワクするアイデアにあふれている。これも子どもがジャケで選んだ絵本。良い選書です(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品