まだかな 絵本・いつでもいっしょ

松岡達英

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591086780
ISBN 10 : 459108678X
フォーマット
出版社
発行年月
2005年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23×23cm,26p

内容詳細

池のほとりにカエルが1匹。バッタがとんだり、魚がはねたり、トンボが卵を産んだりと、色々な生きものが通るけど、カエルはじーっと誰かを待ったまま。一体誰を待っているのかな。

【著者紹介】
まつおかたつひで : 1944年、新潟県長岡市に生まれる。自然をテーマに多くの科学絵本を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    友達と遊ぶ約束をして、池のほとりで待ち合わせするカエルのお話。少し早く着いて、「まだかな」と待っているだけなのに、アオハダトンボがウシガエルに食べられたり、オイカワがカワセミに食べられたり、シオカラトンボが卵を産み付けて行ったりと、ドラマチックな事が次々と起こる。弱肉強食の世界の日常も大変だ、と思ったが、考えてみれば、我々の日常でも、駅前で誰かを待っている間に、目の前で生きるか死ぬかのものすごいドラマが展開しているのかもしれなかった。

  • そら さん

    なかなか楽しい絵本でした。かえるさんが何かを待ってる間、周りにいろいろ起こりすぎて笑っちゃった!

  • りーぶる さん

    待たせすぎ、待ちすぎ。待っている間に、食べられたり、命が生まれたり、人生(昆虫たちだけど)ドラマありすぎて、私一人でウケてました(´艸`*)(3歳0か月)

  • けんちゃん さん

    読友さんのご紹介本。「あまがえるりょこうしゃ」同様、コミカルで表情豊かなカエルです。水辺の生態系の連鎖を折り込みつつ、まだかな、まだかな…と待っていたのは…結構真剣になって、何を待っているのだろう、とわくわくしてしまいました。

  • 怪獣はなごん さん

    まだかなーと続くたびに、何を待ってるの?誰を待ってるの?とドキドキ。目前で繰り広げられる、弱肉強食。カエルくも危ないんじゃ?! そして感動の?ラスト!いや、もうちょっと早く来てやれよw 水辺の生物が生き生きと描かれています。一年生に読み聞かせ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品