しりとり はじめてのぼうけん

松岡達英

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591065617
ISBN 10 : 4591065618
フォーマット
出版社
発行年月
2000年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16×16cm,36p

内容詳細

ひと→とび→びわ→わに…。ページをめくるたび、ちょっとヘンテコなしりとりが続きます。つい、笑ってしまう幼児絵本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 刹那 さん

    末っ子しりとり、分かってるのか分かってないのか。。

  • こどもふみちゃん  さん

    ただのしりとりなんですが、絵のつながりが面白い。登場する動物も、とび、バク、トキ、モルモット、イグアナ、カレイ…など、普通小さい子がしりとりで出さないような動物が登場するところもいい。ワニが木にぶら下がっていたり、カバが西瓜を大口で食べている絵も楽しかったです(*^_^*)。次男が、園に来た移動図書館で借りてきてくれました。何度も読んでやりたい本だと思いました。2・3・4・5・6・7歳向け。

  • わぴねむ さん

    ほんとにただただしりとりの絵本なんだけど、動物たちの表情がイキイキしてて楽しい

  • いろ さん

    4歳男児,よくしりとり遊びするようになったので借りた。動物・食べ物中心の生き物でひたすらしりとり♪な絵本。次のページに出てくる生き物の尻尾とか足とかが前のページに見えてて,食べてたり捕まえてたり蹴飛ばしたり乗っかったり…少しずつ関わってる物も多いので,馴染み薄い生き物も,再読するうちに無理なく想像できるようになり楽しめる。また,前の言葉の最後の文字と次の言葉の最初の文字が同じ色だから,しりとりになっている事が分かりやすい。小さい本なので,息子は気に入ってるのに大きな本の合間に挟まれ見失う事も多かった^^;

  • きょん さん

    まんとひひとか、ちょっと慣れない動物もでてくる。少ししりとりのルールわかったかな?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品