探偵の探偵 2 講談社文庫

松岡圭祐

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062930055
ISBN 10 : 4062930056
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
297p;15

内容詳細

※こちらの商品は、イラスト版表紙とドラマ版表紙の2種類の表紙で流通しておりますが、表紙をご指定いただくことはできません。あらかじめご了承下さい。

【著者紹介】
松岡圭祐 : 1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ストーカーにより妹を失った主人公は、妹の...

投稿日:2021/04/25 (日)

ストーカーにより妹を失った主人公は、妹の身辺調査をストーカーに報告した探偵を探し出すため探偵事務所に就職し対探偵課にたった一人で所属。 これまでの松岡圭祐氏の作品とは少し異なり、女性であっても容赦なく痛みつけられ、危ういところを助けてくれた警察官が最後には殉職してしまうなど結構ハード。 千里眼シリーズや万能鑑定士シリーズ同様、主人公が色な色な知識を用いて窮地を切り抜けたり相手を出し抜いていき、松岡ワールドを楽しめる。 1作目、2作目と少しずつ妹の敵?である探偵に近づいており3作目が楽しみ

ヤックン さん | 岡山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ソルティ さん

    暗く重く、結構エグくて辛いけどおもしろい!琴葉の姉酷い。家族でも油断ならない。窪塚、警察としては少し正義感が強すぎるが、この人は好きだ。その窪塚がもう終わってしまうとは⋯。いい人は去っていくなんて、玲奈、切ないな。また玲奈のやってる豆知識的なことがすごい。この若さでここまで習得して実行する?ちょっと現実離れ感はあるが先が気になる疾走感!続けて読むよ!「かすれた声で窪塚はささやいた。「探偵の名前、ききだせたか」思わず絶句した。胸に鋭い哀感が湧きあがる。玲奈はうなずいてみせたものの、息が絡んで声にならない。」

  • Yunemo さん

    なんてタフなヒロインに仕立て上げたのでしょう。あまりに受けるダメージが大きすぎて、読んでる当方のほうが心配。両極端のヒロインに、どちらにも憧れながら読了です。今回はいろいろな薀蓄がそれぞれの行動に付随してるので、今までのような違和感なし。あまりに人間性を出さずに、冷徹なままでいいのかな、なんてことも一つの想い。悪には悪の姿勢を貫くこともいいのでは。ある意味この業界での仁義なき戦い、ますます熾烈さを極めていく内容、スピーディーな展開、楽しめます。いつもつきまとう、暗い悲しみが展開をより深くしています。

  • takaC さん

    予想外に無茶苦茶な展開になってきてリアルタイムにも何人か「死亡」した。次読むのちょっと躊躇しちゃうな。

  • シン さん

    第一巻から少し間が空きましたが、第二巻読了。玲奈が追い求める悪行探偵「死神」の一端も垣間見られたところでフィニッシュ。うまくまとめました。第三巻絶対読まなくてはなりません。最後窪塚警部補の娘、柚希の話は泣けました。柚希ちゃん、がんばれ!

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。玲奈が時折見せる弱さが読んでて辛かった・・。暴力的なのは相変わらず。次作が気になる終わり方で待ち遠しいです。ドラマで本当に北川景子がこんな役するのでしょうか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松岡圭祐

1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは累計628万部を超える人気作となった。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作となる(本データはこの書

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品