えほんのせかい こどものせかい 文春文庫

松岡享子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167909468
ISBN 10 : 4167909464
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓 さん

    お父さんお母さんになったばかりのかた、幼児教育に関わるかた、図書館などで読み聞かせをなさりたいかた、絵本を描いてみたいと思っているかた……ともかくも絵本に興味、関心があるかたなら、どなたでもご一読をおすすめしたい。絵本とは、子どもの心と世界とをつなぐ扉なのだ。

  • よっち さん

    長年児童文学の翻訳や研究をし、アメリカや日本の図書館や家庭文庫で子供を観察し続けてきた著者が、子どもの読書の楽しさを発見するために大人は何を手助けできるのか解説したロングセラーの文庫版。まだ文字をうまく読めない子供と一緒に読む読み聞かせがなぜ大切なのか、読み聞かせをしていく上でどういう部分がポイントなのか、子供の視点も踏まえて丁寧に解説してくれていて、改めて読んでみても参考になる部分が多かったです。巻末についている初めての読み聞かせ向きの絵本、幅広く楽しめる絵本が紹介されていてこれも参考になると思います。

  • Kikuyo さん

    ストーリーは客観的に表現した方が良いとか 絵本を読み聞かせるときの心がまえとか、 大人の持っている、勝手な思い込みに気づかせてくれます。 やさしく、ていねいに、本当に子どもの心を見つめて書かれた素敵な一冊です。

  • たーちゃん さん

    子供が絵本の世界に入ることの大切さ。大人が絵本を読むことでただ物語が子供に届くわけではなく、子供が親から愛されているという安心感も子供に入っていくと書かれています。本の後半は著者の読み聞かせ(主にグループの読み聞かせ)のオススメの絵本が掲載されています。来年息子が通う幼稚園が絵本を読むことに力を入れている所なので、父母の有志で読み聞かせの会があるようなのです。出来れば参加したいなと思っているので、この本は今後も参考になりそうです。

  • naginoha さん

    仕事柄必携の一冊です。何回も再読しています。 読み聞かせする人みんなに読んでほしい一冊です。 後ろにおすすめ絵本リストがありますが、自分なりにそのリストを拡大していってもいいかもしれません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品