素敵な日本人 光文社文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334790028
ISBN 10 : 433479002X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
追加情報
:
336p;16

内容詳細

一人娘の結婚を案じる父に、娘は雛人形を指差して大丈夫という。そこには亡き妻の秘密が……。(今夜は一人で雛祭り) 独身女性のエリーが疑似子育て体験用赤ちゃんロボットを借りたところ……。(レンタルベビー)。世にも珍しい青色の猫。多くの人間が繁殖を目論むが……。(サファイアの奇跡)。 日本人に馴染み深い四季折々の行事を題材にした4編と、異色のミステリ5編を収録!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
「今夜は一人で雛祭り」が特に印象深い作品...

投稿日:2021/04/25 (日)

「今夜は一人で雛祭り」が特に印象深い作品。 重松清さんの短編集「季節風/春」に収められている「めぐり雛」を思い起こし、再度読み返してしまいました。

ハイドアウト さん | 山形県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
季節ものの小説は馴染みがよくて読みやすい...

投稿日:2021/04/17 (土)

季節ものの小説は馴染みがよくて読みやすいですね。 個人的には深水れいいちろう先生の四季の倒叙が一番ですが、この作品も負けないくらい面白いです。

みっちゃん さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    本書は季節の行事をテーマにした短編が収められていると紹介されている。この季節の行事を扱った作品は4編。途中から合コン、疑似家族、闇サイト、猫のブリーダー、俳優志願の男と自由なテーマへシフトしている。またジャンルもミステリに特化せず、日常の謎系、倒叙物、SFからハートウォーミングと様々だ。やはり東野氏は短編も上手いと改めて感じた。短い中にも予定調和に終わらないツイストが盛り込まれており、最後にアッと云わされた。我々は本当に幸せな時代に生れたと感謝すべきだろう。なぜなら私たちには東野圭吾氏がいるからだ。

  • ピース さん

    9つの短編集。殺人事件からイイ話までバラエティーに富んでた。そしてどれも面白かった。こういう短編集ならいくつでも読んでいたい。

  • さーちゃん さん

    どの作品も読みやすく、面白くてさくさく読めた。『君の瞳に乾杯』と『水晶の数珠』が特にお気に入り。東野圭吾さん、やっぱり好きだなあ。

  • やっさん さん

    ★★★☆ 短篇集。前半は軽めの話が続くが、後半はスケールの大きな話が多い。「サファイアの奇跡」は、東野圭吾らしいテーマで好き。最終話の「水晶の数珠」は気持ちよく感動できた。

  • ゆう さん

    こういう短編集って、読んでもあまりすっきりしない話が1話ぐらいはありそうなものだけど、この方の作品は本当にどれも秀逸で、よくまぁこんなにいろんな話が思いつくと感心してしまう。 特に最後の数珠の話は温かくて良い話。親が子を思う無償の愛には感動させられます

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年『放課後』で第三一回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第五二回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第一三四回直木賞、第六回本格ミステリ大賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第七回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品