素敵な日本人 光文社文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334790028
ISBN 10 : 433479002X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
追加情報
:
336p;16

内容詳細

一人娘の結婚を案じる父に、娘は雛人形を指差して大丈夫という。そこには亡き妻の秘密が……。(今夜は一人で雛祭り) 独身女性のエリーが疑似子育て体験用赤ちゃんロボットを借りたところ……。(レンタルベビー)。世にも珍しい青色の猫。多くの人間が繁殖を目論むが……。(サファイアの奇跡)。 日本人に馴染み深い四季折々の行事を題材にした4編と、異色のミステリ5編を収録!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 花ママ さん

    やはり東野さんは面白い❗失礼な言い方かもしれませんが〈ハズレなし〉いつも、うまいなぁって思いながら読了。9編の短編集、好きだったのは、最後主人公のイメージが完全に崩された「レンタルベビー」大好きな猫🐱が主人公の「サファイアの奇跡」父親が自分のためにではなく仲違いしていた息子のために家宝の数珠を使う「水晶の数珠」

  • tomoko さん

    四季折々の行事を題材にした4編と異色のミステリ5編を収めた短編集。SF、ブラックユーモアなどなど趣も様々だが、どれもサラッと読める。疑似子育て体験の話『レンタルベビー』、少女と猫の話『サファイアの奇跡』、父と息子の話『水晶の数珠』が面白かったかな。

  • ピース さん

    9つの短編集。殺人事件からイイ話までバラエティーに富んでた。そしてどれも面白かった。こういう短編集ならいくつでも読んでいたい。

  • ミチル さん

    数年ぶりに東野圭吾を読みました。 相変わらず読みやすく、また一つ一つがグッとくるスパイスのような作品です。ストーリー、人間描写が素晴らしいです。やっぱ東野圭吾さんはいいですね。おススメです。

  • えみ さん

    意外性と驚きがパチパチと脳を刺激するミステリー。どのストーリーも一筋縄ではいかない展開が面白い。9編収録の読みやすさ抜群の短編集。様々な設定で繰り広げられる人間の滑稽さ。呆れたり、可愛らしく感じたり、時には愛おしくなりながら一話一話を楽しんだ。小さなミスで命取りに、小さな優しさで大きな幸せを、小さな決断が人生を左右し、小さな嘘で思いもよらない結末を見る…。喜怒哀楽、感情を面白いように振り回されて、だからと言って嫌な気分にはならず爽快気分で本を閉じた。短編だからこそ出来る振り切り方にただただ尊敬するばかり。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、’85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞受賞。’99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞受賞。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、’12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品