どちらかが彼女を殺した 講談社文庫

東野圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062645751
ISBN 10 : 4062645750
フォーマット
出版社
発行年月
1999年05月
日本
追加情報
:
15cm,355,7p

商品説明

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
袋とじで付いている推理の手引きでほぼ犯人...

投稿日:2018/12/16 (日)

袋とじで付いている推理の手引きでほぼ犯人がわかるけど、本編ではわからない。個人的には犯人がはっきりしない犯人当ては、モヤモヤするので苦手。内容はとても面白いし、読み入ってしまうほど。

しおようかん さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
巻末に袋とじの解説「推理の手引き」がつい...

投稿日:2012/02/10 (金)

巻末に袋とじの解説「推理の手引き」がついています。真相に迫る加賀刑事とともに謎解きを楽しめますよ。「推理の手引き」は明言まではいかないものの、ほぼ答えが出されていますのでご注意を。答え合わせや、どうしても推理が浮かばないときにどうぞ。

peko-rock さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    あえて犯人が誰かを書かない本格ミステリという野心的な作品の本書は発表当時非常に話題になった。これは『名探偵の掟』で登場人物の口から語られていた「本当に推理しながらミステリを読む読者なんているのか?」という疑問から生まれた東野氏が読者に挑んだ作品。容疑者が2人というシンプルな設定も意気込みを感じる。私は袋とじを読む前に犯人を推理しましたが、間違えましたorz犯人を特定するあるアイテムにはちゃんと気付いていたのですが・・・。ノベルス版だとある情報が明記されているので当ったと思うのですが、負け惜しみですね^^ヾ

  • どんちん さん

    なるほど、確かにこれは厳しい。本編では犯人の記述がない小説は堪える。読む前から、これはそういう小説はだと思ってはいたが、それでも厳しかった・・・読解力なし?なるほど、名探偵の掟にあった、余計な登場人物は不要、適当な推理で犯人がわかったつもりになる読者などなどに「対応」した作品だけある。本格好きの読者にはたまらない一冊であろう。また、加賀恭一郎シーリーズ第3弾としても、その活躍を大いに期待をしていたが・・・他の作品のように登場人物の向こうある・・・や、この事件を通じて・・・といったメッセージ的ものはなく、純

  • 再び読書 さん

    康正と加賀のお互いが見えない推理チェイス。次が読みたくなり止まらない。実はこの引き込み方が東野氏の真骨頂のように思える。結局どっちが殺したか?という命題は抜きにしても(抜いていいかは別にして)、読んでいてスリルを感じる本。まだ加賀シリーズ3作目の駆け出しであるが、このシリーズの面白みにはまった感がある。しかしながら、佃潤一の不誠実さと、甘えきったお坊ちゃんさに、怒りがこみ上げる。それとこんな恋愛が幸福に繋がるのだろうかと疑問を禁じえない。

  • takaC さん

    確かに究極の推理小説だった。事件の実況だけで、読者へは犯人が示されていない。ただし、手がかりは全て示されていて、論理的な推理で犯人を特定することは可能。犯人は二人に絞り込まれて入るが、手がかりがどれだと示されているわけでもないので、普通の「犯人が示される」推理小説を、なんとなく読んでいる読者は苦労すること必至。ただし、加賀恭一郎でなくガリレオ湯川、いや草薙や漆崎・新藤でも解決できたかもしれない。

  • Yunemo さん

    「こんな結末あり?」、まず頭に浮かんだ読後感。最終判断が出来ないまま読了。本当に作中に手がかりなんてあったの。モヤモヤしながら、袋綴じの「推理の手引き」を開けざるを得ません。気付かなくてはいけないんだ、描写に記されているキーワード。いろいろ読んでいながら、ここまで読みこなせていない自身に改めて気付かされます。こんな動機で殺人まで、と思いながらも引き込まれていくのも事実。加賀恭一郎シリーズ第3弾なのですね。随所に出てくる加賀氏の仮説の組み立てには、新鮮な驚き。とは言っても、本音はなんだかスッキリしないまま。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年、『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年、『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で直木賞、12年、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞、13年、『夢幻花』で柴田錬三郎賞、14年、『祈りの幕が下りる時』

プロフィール詳細へ

東野圭吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド