幼女戦記 15 カドカワコミックスAエース

東條チカ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041081198
ISBN 10 : 404108119X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
160p;19

内容詳細

アレーヌ市街戦を潜り抜けた第二〇三大隊に下された次なる任務は殿軍!彼らを待ち受けていたのはアレーヌの仇「ラインの悪魔」を墜とさんとする共和国軍の猛攻であった。歴戦の猛者たちにかつてない危機が訪れる…。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • レリナ さん

    ターニャ達が躍動してるな。今回も悪魔ばりの攻撃の連続。帝国が順調に戦いを有利に進めている。ターニャが前線で兵士達を鼓舞する様は流石と言うべきか。これからまたどん戦闘になっていくのか、楽しみ。帝国が新たに発案した作戦名がまた粋なネーミング。これからの戦いの行く末を占う重要な作戦になりそうだ。刊行ペースが速いので、有難い。ターニャ達の活躍を目に焼き付けよう。帝国の勝利を願いながら、次の戦いを待つ。敵は複数。ターニャ達の未来に幸あらんことを。次巻に期待。

  • わたー さん

    ★★★★★伸び過ぎた前線を引き直すため、帝国は全軍をあげた大規模撤退作戦を実行する。その殿に選ばれたのは、我らがターニャ率いる第203航空魔導大隊。限られた兵員、限られた物資のなか、ただ帝国の勝利のためだけに戦果をあげ続ける彼女たちの死闘を丁寧に丁寧に描いているので非常に読み応えがあった。次はいよいよ人間弾頭である。アニメではサラッとしていたが、さてどう描かれるのだろうか。また、本編とは関係ないが、このクオリティのマンガを早いペースで刊行し続ける著者は、存在Xの加護でも受けているのだろうかと思うほど。

  • オスカー さん

    ターニャちゃんはどこまでいくのだろう……ついていきます!

  • 彼方 さん

    フランソワ共和国を討つべく大規模作戦進行中。ライン戦線後退でほぼ1巻、戦闘多めで激動の巻ですね…。第二○三魔導師大隊だけでこの戦果とは、帝国の危うさがとてつもない気がする…最早ターニャ抜きで何が出来るのよ…。グランツ少尉も立派になって、しかし促成栽培への変化すら大隊長殿の思慮深いお考えなのだ…といい話風に締めるヴァイス中尉には笑ってしまった。衝撃と畏怖作戦、ターニャの苦難は止まらない…次巻も期待してます。

  • 儚 さん

    ケーニッヒが好きだー!今回原作モブたちが格好良かったですね。主要キャラはアニメとは顔が違うが、モブは同じなのね。そしてMADの閃いたァ!の見開きいります?MAD強すぎません?そしてとうとうきた人間魚雷。今回は人間ミサイルか。今回は203だけが戦争してて、後は後退してましたね。もっとケーニッヒ回くれませんか。無理ですか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

東條チカに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品