この商品の関連特集

デート・ア・バレット デート・ア・ライブ フラグメント 7 富士見ファンタジア文庫

東出祐一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040737799
ISBN 10 : 4040737792
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
263p;15

内容詳細

白の女王によって攫われた響。そして白の女王の正体――。絶望的な状況を前に狂三たちは、第二領域にて白の女王率いる軍勢との最終決戦に臨む。響、奪還の鍵は「わたくし、婚約した覚えはないのですが」悪役令嬢!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のれん さん

    悪役令嬢? 本作は流行のパロディが豊富だなのだがどれも結構似合ってるから、凄い。狂三さんはほんとエンターテイナーだぜ。 さて物語も佳境。反天体の秘密も明かされる。今作が始めたエグいデートらしいもの。取りこぼした友に出来ることは戦いだけ。百合のデートではなく哀しく虚しい戦いだ。 響との関係も再確認するフラグが入り、ベタだが感慨深くなってしまった。 最後の最後でこの世界の狂三たちはどうけじめをつけるのか。原作の時系列が分かっている分、この世界がどうなるか分からず気になる。 スピンオフだからこそ出来る面白さ。

  • 八岐 さん

    ★★★☆ 悪役令嬢要素はあんまりなかったのでちょっと残念。さても白の女王との決戦に際して、総力戦。疑ってしまうのは信じたいからこそ、というアリアドネ達の想いには打たれた。思えば、狂三は恋する少女である以上に、友情に殉じた精霊でありました。今、この世界で狂三は殉ずべき友情を見つけようとしている。出会った準精霊の少女達がそれぞれ抱えていたのも友情の物語だ。そして最後の敵は親友、最初の仲間もまた恐らく親友。本作は、きっと少女達の儚くも力強いキラキラとした友情の物語だったのだ。

  • 藤崎 さん

    とうとう始まる最終決戦の第7巻。しかして乙女ゲー世界に転生した悪役令嬢とか何が何でもぶっこむ姿勢が素敵。その上で伏線開示や裏事情の説明まできっちりやってくれて、全方位整った展開。ってかやっぱりラストバトルで全員集合すると超盛り上がりますねぇ。ただ、1つだけ事前にネタバレ食らってしまうのは惜しいかなと。いやまぁ、これまでの流れ見てたらあれを疑うのは基本な気もしなくはないですが、さておき。そしてラストは・・・このタイミングでそこの時間につながるか! みたいな展開入ったところで、次回最終巻。どうなるのか期待です

  • ダイ さん

    今回から遂に最終決戦が開始されましたね。今ちょっと流行りの悪役令嬢のパロディや狂三と響の何だかんだで厚い友情と絆なども良かったと思います。白の女王の正体も判明しましたし詳細も分かりましたが、狂三にしても白の女王にしても本当の本人ではないと思うと少し切ない気持ちになりました。決戦は始まりましたが、本編の時系列があの最大決戦の決着のタイミングだったので隣界事態がどうなるかも気になりますね。また、狂三達がどんな決着をつけてどんな結末を迎えるのかも楽しみです。次回がこのスピンオフも最終巻なので続きを待ちたいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東出祐一郎

シナリオライター。小説、ゲームシナリオ、マンガ原作、アニメ脚本など、など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

東出祐一郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品