この商品の関連特集

デート・ア・バレット デート・ア・ライブ フラグメント 6 富士見ファンタジア文庫

東出祐一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040733722
ISBN 10 : 404073372X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
318p;16

内容詳細

狂三たちは白の女王の企みを阻止するため、第五領域に存在するダンジョンを攻略することに!? 狂三にヤンデレな蒼を仲間に加え、目指すはダンジョン最深部。ビキニアーマー狂三に遊び人響も思わず大興奮!?

【著者紹介】
東出祐一郎 : シナリオライター。小説、ゲームシナリオ、マンガ原作、アニメ脚本など、など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のれん さん

    今度の舞台はMMORPG風味。大手ジャンルとして定着してるためか、結構中盤までコメディ要素が強かった。 対する終盤は展開が超加速していく。やはりこの狂三は「あの狂三」なのだと。本編でも残した救済はここで成されるのか。 と同時にラストは本編設定をかなり使っている。白の女王は何かと本編設定と絡めるが、前回とは違い本編16巻まで読んでおかないと、この展開ガチで分からんのではないかと。 まさしくファン用スピンオフ作品の名に相応しい展開。これのアニメ化は大変だろうな(笑)

  • 藤崎 さん

    第五領域は不毛の地(特に裏の意味はない)。そしてこれまでのアイドルだのななちゃいだの水着だのバニーだのに加えてついにはビキニアーマー登場で、いやもうどこまで行く気ですかと絶叫。さらにファンタジー世界観でステータスオープンしただけで爆笑不可避とか何かもう流石ですねと。しかしてそんなライトでポップなノリと見せかけておいて、ステータスとポイントすなわち自己の可視化と変革をそう活かしてくるかと唸る展開。そしてラストで・・・ホントにあったよ落とし穴。みたいな感じで、特大の追加爆弾投下された所で、どうなるのか期待です

  • 真倉流留 さん

    今回の舞台は第五領域。魔法と迷宮栄える冒険の地。正直ゲームファンタジーは最近あまりにも多すぎて食傷気味だったが、今回はストーリーの中での特色という形での登場と完全にゲーム要素の方へ天秤を傾けているので陳腐さなく綺麗に溶け込ませているのは流石の東出祐一郎か。『Apocrypha』とは大分異なる読了感に舌を巻く。ラスボスに据えたのが「彼女」なのは嬉しい。時崎狂三の正体、白の女王の正体、彼方の世界と隣界……様々な秘密が明らかになり、展開も着実に山場へと向かっているなという印象。こちらの決着も楽しみです。

  • あおでっていう さん

    またやりたい放題感が増してきました。ゲストの精霊も登場しましたがそこはあまり本編と関係ないのですね。ちょっと残念な感じがします。しかし、終盤でまたいろんな情報開示されました。やっぱり「あの」狂三だったんですね。そして白の女王についても。16巻と同時に始まったシリーズだけあって、どんどん本編と絡めてきますね。次巻も盛り上がりに期待です。ところで、もともとゲームのシナリオチックな文章ですから、キャラ増えすぎるとちょっと会話がごちゃごちゃしてきましたね。あと前巻よりもさらに言いたい。元精霊(琴里)要素どこだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東出祐一郎

シナリオライター。小説、ゲームシナリオ、マンガ原作、アニメ脚本など、など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

東出祐一郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品