すべてを否定しない生き方 男のVシリーズ

東儀秀樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784845421022
ISBN 10 : 484542102X
フォーマット
出版社
発行年月
2007年01月
日本
追加情報
:
19cm,235p

内容詳細

入り口は雅楽、気づけば宇宙。雅楽師、音楽家として、ジャンルを超えて幅広く活躍する著者が、その独特の感覚で男の生き方、価値観を語る。今のこの瞬間の、等身大の東儀秀樹がここに。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
大人とはこういうものかと生き方、人生その...

投稿日:2009/01/27 (火)

大人とはこういうものかと生き方、人生そのものを考えさせられる感慨深い作品であります。素直な気持ちで目を通せば同じ男として見習うべき点がたくさんあって、東儀さんの生き方や思想には否定のしようがないです。読んで様々な感想を持たれる事と思われます。慰めや教則本ではなく、まるで昔の武士のように熱い日本人魂を感じさせるような、筋の通った深い作品です。生かされている事を念頭に置いて味わってみましょう!

トキズム さん | 栃木県佐野市 | 不明

1

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • cameraf6 さん

    読みやすい。一般の所得が低い市民からすると楽器や万年筆、時計を親から買い与えられたりしたと書いてあるとボンボンだったんだとなる。 羨ましくなるほど家庭的にも経済的にも恵まれている人だ。 この人、結婚していたんだと初めて分かった。 しかし、妻については一行だけ、自分と価値観が合った人に出会ったというようなことが書かれてあった。 自分の思いのままに、器用に生きている人だと思った。 この本に書いてあったが、本当に秦氏の子孫なのか?

  • あさみ さん

    あとがきに「小言集」になってしまった、と書いてあったけれど、確かに後半はそんな感じ(笑)前半は、雅楽を含む音楽のこととか、子どもの頃の思い出とか、結構面白く読んでいたし、考え方も参考になるけれど、あまり「自分の生き方はこうだ」と語られすぎると飽きてくる。もう少し薄めの本だったら楽しく読み終われたな。でも、この人のコンサートは素敵でした。

  • fantasy さん

    宮内庁の楽師を辞めて独立するに至った経緯とか普段の彼の考え方について少し分かったような気がする。 メモ:魅力的な生き方の秘訣、5K (好奇心、観察力、行動力、向上心、謙虚さ)

  • ゆうこママ さん

    自己責任で人生を選び、なんにでも興味を持ちココロがわくわくする生き方をする。忙しいからこそ趣味が増える(まったく同感)。少年の心を持ったいい男。僕の本を買ってねといわれたのに図書館で借りて読んでごめんなさいね。

  • 那智@灯れ松明の火 さん

    東儀秀樹さんに興味があったから読んでみた。すべてを否定することを既にタイトルで否定しているけど、まあ自分の参考になるとこだけ吸収すればいい本だし、本人も書いている通りその時の自分の考えを書いてるって感じだから、そのまままるごとは受け入れない方がいい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

東儀秀樹

雅楽と現代音楽を融合させ、今やCM・TV・雑誌等でも話題となっている。ファンの多くは若い女性層が占めており、人気沸騰中のアーティスト『MODE OF RISING SUN』で、細野晴臣と共演したり、最近ではバレエダンサー熊川哲也との共演、幅広い活躍も追っていくと、面白くなりそうです。これまでに7枚のアルバムを発表しましたが、全作ロング・セールスを記録している人気のアルバムばかりです。

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品