象の消滅 村上春樹短篇選集 1980‐1991

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103534167
ISBN 10 : 4103534168
フォーマット
出版社
発行年月
2005年03月
日本
追加情報
:
19cm,426p

商品説明

ニューヨークが選んだ村上春樹の短篇集日本上陸!1993年knopf社で編集、出版された短篇選集『The Elephant Vanishes』は英語圏で好評を博し、ロング・セラーとなっている。その日本語版がついに刊行!英語版から著者みずから翻訳を試みた、新バージョンの「レーダーホーゼン」など初期短篇17作品。更にNew Yokerデビュー当時を振り返る書下ろしエッセイも収録した話題作。ニューヨーカーに選ばれ、世界で読まれ、日本に再上陸した初期短篇の数々。アメリカデビュー当時を語るエッセイなど話題満載の短篇集。「村上春樹はまずなにを読めばいい?」「短篇をいくつか読みたい。」そんなあなたへ贈る、ニューヨーカーが選んだ村上春樹の初期短篇集。

内容詳細

ニューヨークが選んだ村上春樹の初期短篇17篇。英語版と同じ作品構成で贈る。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
初期(1980-1991)の短篇選集(選者はクノ...

投稿日:2012/10/05 (金)

初期(1980-1991)の短篇選集(選者はクノップフ社副社長兼編集次長 ゲイリー・L・フィスケットジョン)。”The Very Best of” や ”Greatest Hits” という形態の CD はしばしば、選考基準に首をかしげることがある。「これ」を入れるくらいだったら「あれ」だろ? みたいな感じで看板と中身の食い違いが気になるのだが本作は、見事なまでに次々とハートを打ち抜く17篇が収録されている。ふと思い立って目次を開き、その日の気分にふさわしい作品を読む。実に便利な一冊だ。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
☆
どれもとても読みやすく、何気ない日常が新...

投稿日:2011/02/08 (火)

どれもとても読みやすく、何気ない日常が新鮮に感じられるようになる。登場する食べ物がとても魅力的に描かれており、むしょうに食べたくなる。

FlowerOFChocolate さん | 富山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    本書は元来はアメリカで編集され、出版された村上春樹の短篇集。その日本語版がこれ。全部で17篇の作品が収録されているが、短篇集の表題には自分ならどれを取るだろうか。迷うが、やはり"THE ELEPHANT VANISHES"が一番インパクトがあるだろうか。篇中では「ファミリー・アフェア」の「家事を分担してるんだ。彼女が洗濯して、僕が冗談を言う」なんかはアメリカン・ジョークの匂いがするし、「午後の最後の芝生」などには、レイモンド・カーヴァーみたいな趣きもある。村上春樹の小説は、本質的にグローバルなのだろう。

  • 優希 さん

    村上春樹の初期の短編集で、英語版と同じ構成の日本語版になります。これを読めばハルキ文学の初期の概要はつかめると思いました。何処かけだるくて不思議な日常の心地よさと軽い喪失感があります。他の村上作品につながる要素が沢山ちりばめられているのもいいですね。現実と半音階ずれたような日常が大人の寓話という雰囲気を醸し出しています。言葉や比喩といった豊かな表現も楽しめる作品でした。

  • たつや さん

    既読の作品もありましたが同じものがニューヨークで出版されていてロングセラーになっていたという事実に誇らしく思う。とりあえず、「ねじまき鳥」をまた再読したくなったけれど、困ったことに他に読みたい本もたくさんあり、悩ませてくれる。いずれにしても、充実したクリスマス〜年明けになりそうな予感がする。この読書メーターtに出会えて本当にいま幸せです。

  • papako さん

    借りて。今まで読んだ村上春樹の本の中で一番面白いと思いました!ストーリーとか落ちとかそういうものではなく、言葉そのものを楽しむための読書なんだと思う。いろいろな比喩や表現は、人を煙に巻く感じ。理解?なにそれ?と言われているよう。こういう本が求められるのもわかった気がします。心理学的に何か意味ありげな表現は、普段の生活で言葉にならない違和感。脳の裏側を見せられた気分。像工場って見てみたい。ただ、著者の前書きは鼻についたかなぁ。

  • 抹茶モナカ さん

    村上春樹さんの短編小説で、ニューヨークで編集、出版された本の日本語版。キャリア初期の短編小説が比較的多く、この頃の村上春樹さんの作品が好きだったので、懐かしかった。飲酒と喫煙のシーンが多く、久し振りに読むと新鮮。さらっと読めて、でも、この頃は今より純文学感が強かったんだなぁ、と思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品