螢/納屋を焼く/その他の短編 新潮文庫 改版

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001333
ISBN 10 : 4101001332
フォーマット
出版社
発行年月
2010年04月
日本
追加情報
:
16cm,202p

商品説明

秋が終り冷たい風が吹くようになると、彼女は時々僕の腕に体を寄せた。ダッフル・コートの厚い布地をとおして、僕は彼女の息づかいを感じとることができた。でも、それだけだった。彼女の求めているのは僕の腕ではなく、誰かの腕だった。僕の温もりではなく、誰かの温もりだった……。もう戻っては来ないあの時の、まなざし、語らい、想い、そして痛み。リリックな七つの短編。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    『蛍』は、予備知識なしに読み始めたものだから、最初はデジャ・ヴュかと錯覚した。『ノルウェイの森』だったのだ。しかし、この作品は『蛍』のままでも、十分に味わい深いし、エンディングの蛍のシーンは、はかなくて美しい。これに続く『納屋を焼く』は、まさしく「リアリティは細部に宿る」という感じだ。たとえば、「彼」とマリファナを吸う場面で、「僕」が「学芸会の舞台のざわめきとか背景のボール紙に塗られた絵の具の匂い」を思い出すところなど。それとは逆に、こうした細部のリアリティがグロテスクに展開するのが『踊る小人』だ。

  • おしゃべりメガネ さん

    時を遡ること今からおよそ30年も前に刊行された本作は、ご存じの方も決して少なくはないと思われるあの『ノルウェイの森』の原点?ともいうべき短編「螢」が収められています。30年前も今も村上春樹さんはかわることなく、ただ読んでもよくわからない作品を書き続けていることが改めて実感できました。後半に読み進めれば進めるほど「???」な世界が展開され、後半はひたすら文字を追うことに必死になっていました。しかし「納屋を焼く」や「踊る小人」は比較的、わかりやすい村上ワールドを楽しめましたが、やっぱり難解かつ不思議でした。

  • ちなぽむ@ゆるりと復活 さん

    めくらやなぎが目をつぶす。森のなかで永劫に踊るおどり子の脚はとうに血だらけで。その靴を脱ぐことはできないの。焼けた赤い靴を履きなさい。 生に内包された死がその姿をみせるとき、私たちはいつも当惑する。当惑しながらバスに乗る。海にいきましょう。知らない街の柳のしたで眠りこむ私を、耳のなかから食いつぶして食物連鎖の輪に入れてくれたらいいのに。ほんとうの死はそんなに穏やかじゃない。知っているし生きることも嫌いじゃない。だから今日もバスに乗る。バスに乗って、進む進むすすむ。生きる生きるいきる。私は、元気です。

  • Aya Murakami さん

    令和元年新潮文庫紅白本合戦 踊る小人がなかなかの恐怖物。音楽そのもののように踊る小人は魔性の魅力です。美しく見事な踊りにはもちろん毒があって思い人がいる主人公を破滅の道にいざないます。 革命前は戦前、革命後は戦後のオマージュでしょうか?小人の魔力は革命前の宮廷でも暗躍したとか。美しさ魔力の恐怖はいつの時代もかわらないということか。

  • ケンイチミズバ さん

    亡くなった親友が自分の中にいることに気づいた。彼女が今も愛するのは自分でなく死んだ親友だった。愛することが不毛で残酷なストーリーはもはやだれもが知るノルウェーの森。彼女にとって自分は親友の代用品でしかない。彼女の手で慰められるシーンのいたたまれなさは映画でも痛かった。納屋を焼くとは呪文なの?告白されたのに実行されないから、ならば自分が火をつけてしまおうかとすら。村上春樹らしい、らしさが凝縮された不思議な世界がいいな。納屋のある場所を地図上に印し見て回るシーンはポール・オースターのゴーストを彷彿させました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品