神の子どもたちはみな踊る 新潮文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001500
ISBN 10 : 4101001502
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
追加情報
:
16cm,237p

商品説明

1995年1月、阪神大震災。そして、1995年2月、人々のかかえる内なる廃墟が、しずかに共振を始める――。

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる……。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた――。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

内容詳細

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる…。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた―。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

【著者紹介】
村上春樹 : 1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。’79年、『風の歌を聴け』でデビュー、群像新人文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    阪神淡路大震災があったのが1995年の1月。これら6篇の連作短編は地震後、即座に書かれたのではないが、村上春樹にとってはなんらかの形で、その未曽有の経験を決済しておく必要があったのだろう。いずれの作品も間接的にだが、この地震に関わりを持っている。巻頭の「UFOが釧路に降りる」が、もっとも不可解な部分を有していて哀しみも深いが、物語を重ねるごとに希望への展望が開かれていくように思える。巻末の「蜂蜜パイ」の淳平は、作家自身にいくぶんかは重なり合うし、畢竟は「書く」ことにおいて哀しみを超克していくしかないのだ。

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️村上さんの短編集です。こんな表現使った事無いけど、珠玉の作品ってこんな作品の事を言うような気がします。どれも神戸の震災に触発された感じがあり、全く表現描写は違うのですが、もの凄く引き込まれてしまう、素晴らしい作品でした。様々な時間軸の中で掛け違ったボタンの様な物が時には明確に時にはぼんやりと感じられました。名作です。

  • 青葉麒麟 さん

    今の日本の状況にどんぴしゃだと思う。他の村上作品に比べるとかなり読み易くて判りやすかった。【みみずくん】を君づけで呼ぶ【かえるくん】が素敵。

  • tokko さん

    この小説集を読むと、あの忘れることのできない記憶がよみがえる。今もどこか地下の奥深く暗い場所で、かえるくんはみみずくんと闘っているのか?『アンナ・カレーニナ』が好きなかえるくん、最高です!

  • ハイク さん

    6つの短編集でいずれも阪神大震災に関連している作品だ。私は震災の起こる少し前神戸に単身赴任していた。住んだのは須磨で被害が大きかった所なのでその衝撃は大きかった。それはともかく最初の4つの作品はいずれもわかりにくい。地震の人々に与えた心象風景を村上流に描いたのであろう。そんな中で「かえるくん、東京を救う」と「蜜蜂パイ」は印象に残る作品であった。両方とも寓話的に描いているのが面白い。後者は著者自身のキャリヤを生かした筋書きである。熊の「まさきち」と「とんきち」の話を女の子「沙羅」に聞かせる童話は見事である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

  • 『騎士団長殺し』文庫化!村上春樹の長編小説 全4冊、2ヶ月連続刊行で待望の文庫化。絶賛ご予約受付中です。これを記念してベストセラーやエッセイもまとめました。 |2019年02月05日 (火) 10:00
    『騎士団長殺し』文庫化!村上春樹の長編小説
  • 原作・村上春樹 映画「ハナレイ・ベイ」 70万部超えベストセラー『東京奇譚集』(新潮文庫)に収録。吉田羊・佐野玲於・村上虹郎ら出演で10/19公開。 |2018年10月24日 (水) 12:33
    原作・村上春樹 映画「ハナレイ・ベイ」
  • 『村上RADIO(レディオ)』放送 村上春樹がディレクターをつとめる特別番組『村上RADIO(レディオ)』放送決定! |2018年07月17日 (火) 12:48
    『村上RADIO(レディオ)』放送
  • 村上春樹のベストセラーを文庫化 多崎つくるは、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された... |2015年11月30日 (月) 10:21
    村上春樹のベストセラーを文庫化
  • 村上春樹の紀行文集が登場 村上春樹が訪れたラオスや米国などについて全10章で語る紀行文集『ラオスにいったい何があるというんですか?』。旅という... |2015年11月20日 (金) 18:00
    村上春樹の紀行文集が登場
  • 村上春樹のロングインタビューを掲載 古典翻訳対談&翻訳小説選書と題して村上春樹と柴田元幸が語りあう。また、『職業としての小説家』の刊行を記念して、村上春... |2015年10月22日 (木) 18:11
    村上春樹のロングインタビューを掲載

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品