本当の翻訳の話をしよう

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784884184667
ISBN 10 : 4884184661
フォーマット
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
285p;20

内容詳細

名対談集『翻訳夜話』以来16 年ぶり、村上春樹と柴田元幸による対談本!
文芸誌『MONKEY』を主な舞台に重ねられた『村上柴田翻訳堂』の決定版!

【CONTENTS】
帰れ、あの翻訳(村上+柴田)
翻訳の不思議(村上+柴田)
日本翻訳史 明治篇(柴田)
小説に大事なのは礼儀正しさ(村上+柴田)
短篇小説のつくり方(村上+柴田)
共同体から受け継ぐナラティブ――『チャイナ・メン』(村上+柴田)
饒舌と自虐の極北へ――『素晴らしいアメリカ野球』(村上+柴田)
翻訳講座 本当の翻訳の話をしよう(村上+柴田)

Illustration: R.O.Blechman, Nicholas Blechman

【著者紹介】
村上春樹 : 1949年生まれ。作家、翻訳家

柴田元幸 : 1954年生まれ。米文学者、東京大学名誉教授、翻訳家。ポール・オースター、スティーヴン・ミルハウザー、レベッカ・ブラウン、ブライアン・エヴンソンなどアメリカ現代作家を精力的に翻訳。現在、文芸誌『MONKEY』の責任編集を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    私はハルキストでも村上主義者でもありませんが、村上春樹の新作は翻訳物もコンスタントに読んでいます。柴田 元幸は、初読です。「日本翻訳史 明治篇」や「翻訳講座本当の翻訳の話をしよう」での著者二人の訳しあいを興味深く読みました。但し、村上春樹が翻訳した小説以外は、ほとんど読めていないのが残念です。 

  • ケイ さん

    おふたりの口から、特に村上氏の口から、イギリス文学について語られるのを聞くのは、意外でとても興味深い。勿論、本筋はアメリカ文学。漱石についても触れられている。あぁ、読みたい本が増えて仕方ない。ゆっくりと再読して、リストを作らなくてはいけないな。この本にサインを頂いた時、柴田さんの隣にはもう1人作家さんがおられ「共著なのに僕一人のサインですいません」との言葉に、「僕なんて村上さんとなのに(笑)」っておっしゃってて、確かに!と思ったのだった。

  • buchipanda3 さん

    村上春樹と柴田元幸の対談集。短篇小説のつくり方、翻訳講座が特に面白かった。二人は長いこと一緒に仕事をしているというのもあってか、あうんの呼吸が感じられて楽しい読み心地。二人とも翻訳する行為が好きで堪らないというのも滲み出ていて感化されてしまう。実際やるのは相当大変だというのも伝わってきたが。翻訳本をもっと読みたいという気持ちにさせられた。マーロウの"I"の訳し方の"僕"は吹いた。二人の翻訳文の比較からスタンスの違いが結構明確に出てる。原文の感覚を残しながら正確に分かり易く伝えるのは大変そう。

  • ずきん さん

    柴田さんとの対談を中心にまとめたもの。柴田さんの訳はやっぱり好きだわ〜♪ ハルキ、ごめん。チャンドラーを訳す時のエピソードが面白かった。

  • アキ さん

    村上さんと柴田さんとの対談は「翻訳好き」が溢れてて、アメリカ文学の流れもよくわかり楽しめました。村上さんは高校生で既に新潮社のモーム全集読破していたってすごい。またベスト短編は、カーヴァーの「足もとに流れる深い川」、次点はカポーティ―「無頭の鷲」だって。そんなによかったかなあ。もう1度読み返してみよ。最後に柴田訳と村上訳のチャンドラー「playback」の有名な一節の訳の違いを読み、なるほどそういう細かいところまで悩んでるのねと翻訳家の苦労を知りました。Iを僕、私、俺のどれで訳すかは結構違いがあるよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品