世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 新潮文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001579
ISBN 10 : 410100157X
フォーマット
出版社
発行年月
2010年04月
日本
追加情報
:
16cm,471p

内容詳細

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、“世界の終り”。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する“ハードボイルド・ワンダーランド”。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2つの世界の話が交互に進んでいくのに、途...

投稿日:2021/06/29 (火)

2つの世界の話が交互に進んでいくのに、途切れることなく集中してスムーズに読めてしまうことが不思議。 そのぐらい惹き寄せる魅力を持った作品。 静かな世界は動き始めて、動いている世界は静かになっていく構図がたまらなくおもしろい。

えびまよ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
2つのパラレルな世界での物語が同時並行的...

投稿日:2021/04/10 (土)

2つのパラレルな世界での物語が同時並行的進んでいく構成が見事である。 少しミステリものの雰囲気も感じさせる主人公の冒険劇と、人間の無意識の内面の動きを丁寧にトレースし たストーリーは、何回再読しても感動させるものがある。

さんたろう さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
☆
村上春樹さんが韓国や中国でも人気なのは二...

投稿日:2021/03/03 (水)

村上春樹さんが韓国や中国でも人気なのは二つの世界が交互に描かれる春樹さん独特のストーリー構成に惹き付けられる部分もあるのかもと思った作品。つまり韓国にとっての北朝鮮、中国にとっての資本主義と社会主義です。自己と他者、現実と空想を同時に読むことでなにか救われるのかなと。そういったストーリー構成は本作から顕著になり、その後「ノルウェイの森」や「1Q84」などにも続いていきます。

タカノブ さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    「世界の終わり」は、「私」の意識下の世界なのだろうか。下巻で、これらの2つの世界がどんなふうに統合されていくのか楽しみだ。「ハードボイルド」の世界での「私」の語りには、村上春樹らしい軽妙で軽快な比喩が多用されるが、「世界の終わり」での「僕」の語りにはそれがない。さあ、一気に下巻の暗闇の中を「地震よりもずっとひどい」ところへ行こう。

  • 遥かなる想い さん

    村上春樹らしいワールドを提供してくれている。登場する女性がよい。影との分離とか、頭骸骨とか組織とかわけのわからないところが よい。1980年代の作品である。

  • ミカママ さん

    【2016年初読み】初読みはやはり私の原点で、ということで春樹さま作品。同じくハルキストの友人をして「この作品を書いたというだけで、これから先、村上春樹が何を書いても、何をしても僕は許す」と言わしめた作品。もちろん私も何度目かの再読ですが、読むたびに発見があります。「何もないよりましだし、あるもので我慢するしかないのだ」モノしかり、人間関係しかり。きゅうりのサンドイッチをビールで流し込みながら、スタンダールの「赤と黒」読みたくなっちゃう。やっぱ春樹さま、天才だな(笑)一気に下巻へ♬

  • 抹茶モナカ さん

    2つの物語が交互の章立てで展開する小説。再読するのは何年ぶりだろうか。このところ、外界との距離感を保って、物語の力にすがりたい気持ちが強く、本作を手にした。外界から壁によって守られた街のイメージが強く残っていて、その空気感に触れたくなった。社会人として生活していて、物凄く行き詰まりを感じていて、村上春樹さんの本を毎日少しずつ読んで、自分の心を守っているような日々。『世界の終り』のイメージは西洋のファンタジーの世界観として記憶していたけれど、そんな事もなくて新鮮だった。

  • おしゃべりメガネ さん

    初めて読んだのが、確か高校生の時でかなり印象深かったのを覚えています。著者の数少ない?冒険活劇の中でも、テンポ良く話が進み、パラレルワールド的な世界は先が気になって仕方がありませんでした。本作で描かれている作風が後の超大作『1Q84』シリーズの原点ともいえる作品ではないかと思います。上下巻、アッという間に読み終えることができ、時代を感じさせない内容で、いい意味で村上春樹さんらしくない作品です。今となっては難しいのかもしれませんが、もう一度こういう作品を読んでみたいという「ハルキスト」は少なくないのでは?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品