ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇29

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103534365
ISBN 10 : 4103534362
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
496p;20

内容詳細

日本と西洋、男と女、近代的生活その他のナンセンス、災厄など七つのテーマで選ばれたのは、荷風・芥川・川端・三島、そして星新一・中上健次から川上未映子・星野智幸・松田青子・佐藤友哉までの二十九の珠玉。村上春樹が収録作品を軸に日本文学を深く論じた、必読の序文七十枚を付す。

【著者紹介】
ジェイ・ルービン : 1941年ワシントンD.C.生まれ。ハーバード大学名誉教授、翻訳家、作家。シカゴ大学で博士課程修了ののち、ワシントン大学教授、ハーバード大学教授を歴任。芥川龍之介、夏目漱石など日本を代表する作家の翻訳多数。特に村上春樹作品の翻訳家として世界的に知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    村上 春樹が序文を書き、ハーバード大学名誉教授ジェイ・ルービンが選んだ村上 春樹を含んだ日本の著名な作家の短編集ということで読みました。どの短編も興味深いですが、オススメは、三島 由紀夫の『憂国』&青来 有一の『虫』&村上 春樹の『UFOが釧路に降りる』の三本です。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    ペンギン・ブックスではどういう風に訳されたのか、気になるものばかり。「監獄署の裏」は故郷だが水が合わぬ田舎暮らし、思いを散らすも募る鬱屈、親の老い、自分が何も成し遂げていない事への焦燥が書簡からヒシヒシと伝わって来る。「興津弥五右衛門の遺書」はこれ、本当にどう翻訳したのかな?「憂国」は既読。こんなエロティシズム溢れる切腹はこの作品だけだろう。「焔」は母娘の病気時の遣り取りが微笑ましいがラストの死の匂いに総毛立つ。また、夫との離婚するまでのやり取りや女性ならではの「無理なものはもう、無理」のリアリティは圧巻

  • アキ さん

    村上春樹が序文のなかで「想像力は記憶のことだ」と誰かの言葉を引用していた。外国人の選ぶ短編集から見る日本のイメージが新鮮に思える。切腹から東日本大震災・メルトダウンまでテーマに合わせて選んでいるということがよくわかる。作家も永井荷風から川上未映子まで、まるで福袋のように、自分からは進んで読まないだろう短編も海外の目線を意識しながら楽しむことができた。まるで日本という国の記憶は小説という創造力の中で生き続けているということを、本書で示しているかのようであった。こんな形での他の国の短編集があれば読んでみたいな

  • 踊る猫 さん

    日本といえば侘び寂びの文化なのだけれど、それを意識してのことだろうか。この短編集に収められた作品は、死の影が濃い。切腹に始まり、病、そしてメルトダウン。幽かな滅びや死を水墨画のように滲ませた作品が収められているのだ。だから読んでいて、日本の編者が編んだアンソロジーを読むのとはまた違った驚きがあり、もちろん発見もあった。知らない作家に触れられたのが収穫で、3.11を踏まえた佐伯一麦の私小説も侮れないと思われた。村上春樹が浮いているように感じられたのも、こういった感慨を踏まえてのことなのかもしれない。興味深い

  • tokko さん

    ここに収められた小説は少なくともある時点で海外に輸出されて日本の小説として読まれたんですよね。日本人である僕が読んだことのない小説が海外で読まれて、人々の印象に残るほどの強いインパクトを与えたということが面白い。正直「そんなに面白いか?」と思うものや「これを外国の人が読んで理解できるのか?」と思うものがあるけれど、そういう意味で偏りのない選定と言えるのではないでしょうか。しかし太宰も安吾も安部公房も入っていないことがショック、もし日本人が選んだらきっともっと無難なもので固められるんでしょうね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品