ノルウェイの森 上 講談社文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062748681
ISBN 10 : 4062748681
フォーマット
出版社
発行年月
2004年09月
日本
追加情報
:
15cm,302p
15cm,302p

商品説明

限りない喪失と再生を描く究極の恋愛小説!
暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。
僕は1969年、もうすぐ20歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。
限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

内容詳細

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
10代の頃に出会ってから,年に1回くらい読...

投稿日:2019/02/21 (木)

10代の頃に出会ってから,年に1回くらい読み直している作品。 10代の頃と今とでは,感情移入できる登場人物が違うのが面白い。

hiromin さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
書かれた年代を考えるとテーマ・問題点はす...

投稿日:2012/02/12 (日)

書かれた年代を考えるとテーマ・問題点はすごく面白い。 いい意味でも悪い意味でも安定している。ずっと一定のリズムで進む感じ。

トリスタ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
なんかうまくあらわせられないけど、凄かっ...

投稿日:2012/02/07 (火)

なんかうまくあらわせられないけど、凄かった。 なんとなくだけど村上春樹が支持され続けている理由がわかった気がしました。 何回も読み直したい名作だと思います。

くりなおん さん | 埼玉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    物語の終盤はかならずしもそうではないが、上巻全体は基本的には1960年代の終わりから70年代にかけての東京の大学生の日常が、ほぼそのままに描かれているというスタイルを取っている。また、『プラウド・メアリー』やクリームの『ホワイト・ルーム』といった音楽が随所に散りばめられることで、それらがあの時代の指標として機能しているのである。そして、この作品がそうした日常を、あたかも普通に語りながらも文学として飛翔するのは、ひとえに比喩表現の特異さと巧みさにあると思われる。

  • 遥かなる想い さん

    37歳の僕は20歳の頃の 自分を思い出す。 何年経っても忘れられない記憶は 誰にでもあり、その記憶を 村上春樹はリリカルに描く。 二十歳の頃に抱いた将来への夢と 漠然とした不安の素はどこから きたのだろう。ワタナベ君と直子の 恋愛物語…読んでいてなぜか懐かしく 哀しいのは何故なのだろう。 危うげで脆く、不安定な若者たちの関係… 登場人物の誰もが、哀しく可笑しい… でもひたむきに生きようとしてる、 でも読んでいて心に痛い…そんな上巻 だった。

  • mitei さん

    まだ上巻だけだが、精神的な問題を抱えた変わり者がそれぞれの考えを持ち動いているのが分かった。詳しい感想は下巻に譲る。

  • HIRO1970 さん

    ☆☆☆

  • tokko さん

    1年に1回は読んでいるので、何回読んだかわからなくなってしまった。人間の心の中の「歪み」や「暗闇」とどう向き合って生きてゆくのか。20年以上前に書かれた作品なのに、いつ読んでも新鮮な空気が漂っている。これから後何回読むことになるのだろう?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド