スプートニクの恋人 講談社文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062731294
ISBN 10 : 4062731290
フォーマット
出版社
発行年月
2001年04月
日本
追加情報
:
15cm,318p

商品説明

この世の物とは思えない奇妙な恋の物語

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。――そんなとても奇妙な、この世のものとは思えないラブ・ストーリー!!

内容詳細

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。―そんなとても奇妙な、この世のものとは思えないラブ・ストーリー。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
この小説も好きな作品ですね、でも正直、内...

投稿日:2019/02/06 (水)

この小説も好きな作品ですね、でも正直、内容はわすれているので、何回でも読み返さないと、もったいないですねぇ。

タカキヨウスケ さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️とても村上さんらしい素敵なお話だと思います。どう来るかなと思っていたラストが少しだけ唐突な感じがしましたが、読後感も良い作品でした。毎回進化していく村上さんについて行くのはなかなか大変ですが、新たな世界観を創り出すのは簡単では無いですし、誰にでも出来ることでは無いので、毎回期待して作品を手にとってしまいます。次も楽しみです。

  • ehirano1 さん

    とにかく読後の余韻が凄まじいです!本作では”スプートニク”を比喩に用いて、「心」「こちら側」「あちら側」のリンケージが綴られます。おそらく再読を重ねる毎に各々異なる感想が得られそうで何度でも楽しめるのではないかと思います。因みに、最後の方の「月」に係る描写は1Q84へと繋がって行くのですかね?

  • tokko さん

    「扉」を通って「別世界」と行き来する、「ねじまき鳥クロニクル」と「海辺のカフカ」のちょうど間にある中編小説。やはりすみれは井戸のような場所を通って、どこか別の世界に行ってしまったのだろうか?おそらくミュウが観覧車から見たもう一つの世界、もう一人のミュウが存在する世界を求めて。

  • 吉野ヶ里 さん

    記号と象徴。洗練される前のすみれが個人的には萌え度高かったなあって。で、まあ、人間は結局一人で生きてくんだけど、一人で生きてくのってちょっと辛いわーって感じだから、時々、誰かを求めちゃって上手くいったりいかなかったりするんだよーって話。雑に面白かったです。独特で丁寧な風景描写が神掛かってますね。文章表現の雰囲気としては特に好きな時期の春樹です。表現力高過ぎ。ただ最後にすみれが帰って来たのが頂けなかったかなあって個人的には思ったり。あるいは、夢だったのかしら? 私も猿の首を切って進まなければならない。

  • ちなぽむ さん

    22歳のすみれが落ちた記念碑的な恋。洗練された美しさをもつ大人の女性ミュウの存在はそれまでのすみれの世界を尽く覆す。そしてそんなすみれを見守る「僕」の存在。 音楽と読書、自分の内的なものを書き出すということ。アテネでの運命的に美しい休日。夏の夜の神秘的な深み、月と静けさ。美しい世界と不在の空白、圧倒的な孤独。描かれている世界が美しすぎて呆然と立ち止まりながらの読書。 この人の本は衝動的に読み返したくなる。何度でも、読み返す度に響くポイントが違ってきておもしろい。むしょうに好きな1冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

  • 『騎士団長殺し』文庫化!村上春樹の長編小説 全4冊、2ヶ月連続刊行で待望の文庫化。絶賛ご予約受付中です。これを記念してベストセラーやエッセイもまとめました。 |2019年02月05日 (火) 10:00
    『騎士団長殺し』文庫化!村上春樹の長編小説
  • 原作・村上春樹 映画「ハナレイ・ベイ」 70万部超えベストセラー『東京奇譚集』(新潮文庫)に収録。吉田羊・佐野玲於・村上虹郎ら出演で10/19公開。 |2018年10月24日 (水) 12:33
    原作・村上春樹 映画「ハナレイ・ベイ」
  • 『村上RADIO(レディオ)』放送 村上春樹がディレクターをつとめる特別番組『村上RADIO(レディオ)』放送決定! |2018年07月17日 (火) 12:48
    『村上RADIO(レディオ)』放送
  • 村上春樹のベストセラーを文庫化 多崎つくるは、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された... |2015年11月30日 (月) 10:21
    村上春樹のベストセラーを文庫化
  • 村上春樹の紀行文集が登場 村上春樹が訪れたラオスや米国などについて全10章で語る紀行文集『ラオスにいったい何があるというんですか?』。旅という... |2015年11月20日 (金) 18:00
    村上春樹の紀行文集が登場
  • 村上春樹のロングインタビューを掲載 古典翻訳対談&翻訳小説選書と題して村上春樹と柴田元幸が語りあう。また、『職業としての小説家』の刊行を記念して、村上春... |2015年10月22日 (木) 18:11
    村上春樹のロングインタビューを掲載

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品