村上春樹 / 安西水丸

人物・団体ページへ

村上朝日堂 新潮文庫 改版

村上春樹 / 安西水丸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001326
ISBN 10 : 4101001324
フォーマット
出版社
発行年月
1987年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,324p

商品説明

生活コラムの金字塔、元祖「村上朝日堂」。

ビールと豆腐と引越しとヤクルト・スワローズが好きで、蟻ととかげと毛虫とフリオ・イグレシアスが嫌いで、あるときはムーミン・パパに、またあるときはロンメル将軍に思いを馳せる。そんな「村上春樹ワールド」を、ご存じ安西水丸画伯のイラストが彩ります。巻末には文・安西、画・村上と立場を替えた「逆転コラム」付き。これ一冊であなたも春樹&水丸ファミリーの仲間入り!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハイク さん

    著者のエッセイは数冊読んでいるが、この本は気軽に読めて1編が2頁でありすぐ読めてしまう。彼の小説と比べると平易な文章で同じ人が書いたとは想像出来ない。1984年出版なので内容は1970年代頃の世相が所々滲み出ている。話題は引越し、電車の切符、昆虫、食べ物等広範囲にわたり著者の観察力が鋭くまた面白い。最後に水丸氏との対談も載せてあり千倉海岸での朝食や夕食は今では高級となったあわび等食べ放題で羨ましい限りだ。又同じ対談で二人の結婚観等述べているのも面白い。少し時間があり退屈している時には持ってこいの本である。

  • masa@レビューお休み中 さん

    はじめて、村上春樹作品を読み切ることができました。今まで、敬遠していた作家さんで、何度も途中で挫折していたんですよね。ところが…そうやって、読めない、苦手と言っていると救いの神が現れるものですね。村上さんの作品でも、これは読みやすいよとオススメをされたのです。ちょうど、イラストを手がけた安西水丸さんがお亡くなりになった後で、この本に出会うことができました。村上さんがまだ30代のときに書かれたエッセイなんですね。村上さんのイメージがいい意味で裏切られて良かったです。ちょっと親近感すら湧いてきちゃいました。

  • ヴェネツィア さん

    村上春樹のエッセイは初読。これは、1980年代の初め頃に『日刊アルバイト・ニュース』に連載されていたコラムを収録したもの。30年も前のものだが、ところどころに時代的な齟齬はあるものの、ほとんど古びた感じはしない。「まるで苦労のあとというものが見受けられない。いくら苦労を見せないのがプロと言われても」―これは、本書の挿絵を担当した安西水丸に向けて語られたものだが、そのまま村上春樹にもあてはまりそうだ。全編、気楽に軽やかに語っていて、苦労の跡は見えない。それでも、実は案外に苦労していたのかもしれないが。

  • らったった さん

    村上ラジオ〜読ませて戴いております。最近、エッセイや自伝中心ですね(^^)決めました。一週間に一冊!今日から再度気合入れて読みたいと思います(*^^*)

  • 市太郎 さん

    疲れているときはエッセイが良い。それが、くだらない内容であれば、なお良い。電車の切符を無くさないようにするにはどうすればよいかを論理的に解決しているところなど、実にくだらなくて良い。のんびりした気持ちで読まれると良いかと。豆腐は僕も好きですが、スーパーのばかりだったので、今度、近所のお豆腐屋さんで買ってみよう。巻末あたりの「春樹×水丸」の対談でもそうでしたが、全体的に何かお腹が空く、という印象の本だった。ゆるいエッセイがお好きなら村上嫌いの方でも普通に楽しめるのでは? 絵も文も肩の力を抜いてどーぞ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品