百田尚樹をぜんぶ読む 集英社新書

杉田俊介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087211184
ISBN 10 : 4087211185
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
320p;18

内容詳細

「これは、私の人生において最も大切な一冊なのだ」
朝鮮半島の統一はいつ実現するのか。
そして日本には何が起こるのか? 
政治学者・姜尚中の真価を問う、渾身の論考!


1950年の朝鮮戦争勃発から70年が経過した。
朝鮮半島においては、様々な場面で南北の分断体制の限界が露呈している。
加えて、2018年には歴史的な米朝首脳会談が実現するなど、統一への動きが着実に進みつつある。
一方で、日本ではいたずらに嫌韓感情を煽ったり、むやみに脅威論を並べ立てたりする偏った報道ばかりが目立ち、なかなか事態の本質は見えてこない。
しかし、二国間関係での感情的な対立にばかり目を向けていては、その背景で進行しつつある深い次元での構造的な変化を見逃してしまいかねない。

コロナウイルスのパンデミックが宣言され、いっそうの混迷を深めるかに見える世界情勢。
しかし、著者はこの未曾有の危機にこそ、むしろ冷静にポジティブな未来像を描き出そうとする。
分断と対立の歴史を乗り越え、朝鮮半島が統一を遂げる日は来るのだろうか。
そして、その動きに日本はどのように関わっていけばよいのだろうか?
「第一次核危機」以降の北東アジア四半世紀を丹念に総括しながら、一脈の光明を見据えて朝鮮半島と日本の進むべき道を探った、政治学者・姜尚中の真価を問う渾身の論考!


【目次】
はじめに
序章  危機には変化が必要だ
第一章 なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか
第二章 南北融和と「逆コース」の三〇年
第三章 「戦後最悪の日韓関係」への道筋
第四章 コリアン・エンドゲームの始まり
終章  朝鮮半島と日本の未来
おわりに
資料1 朝鮮半島と日本の未来について考えるための基本書
資料2 朝鮮半島と日本をめぐる重要諸宣言文


【著者略歴】
姜尚中(カン サンジュン)
1950年熊本県生まれ。政治学者。東京大学名誉教授。鎮西学院学院長。熊本県立劇場理事長兼館長。
著書は累計100万部超のベストセラー『悩む力』とその続編『続・悩む力』『母の教え 10年後の「悩む力」』のほか、
『ナショナリズム』『姜尚中の政治学入門』『ニッポン・サバイバル』『増補版 日朝関係の克服』『在日』、
『リーダーは半歩前を歩け』『あなたは誰? 私はここにいる』『心の力』『悪の力』『漱石のことば』『維新の影』など多数。
小説作品に、いずれも累計30万部超の『母―オモニ―』『心』がある。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 神威遊 さん

    百田作品を一冊も読んだことのない私が読みましたよ。これを読めば全部読んだ気になってお得です。ふたつの視点から語られているので割と公平な目で見れるのがよかった。概ね面白く読めたのだけど、これを読んで作品を読みたくはならなかった。作品の評論が終わってからは蛇足で、持論の展開が実に退屈で本書でもっとも読むに耐えない部分で残念。最後の50ページくらいはカットでよかったかな、という感想。百田尚樹という人物を真剣に掘り下げていたのには好感が持てたが、やはり印象が悪いのがひしひしと伝わり、そこも残念だった。

  • aruku_gojira さん

    書店で目についたので購入。 読後感としては、杉田氏が「現代のベストセラー作家」「保守論壇のカリスマ的広告塔」「メディア上のモンスター」と評する百田尚樹の小説作品、対談本等を読んで、それに対抗する言論のあり方とは?構築の仕方とは?を、共著者の藤田氏と色々と対話者同士の対立点を明らかにしつつ、検討していくという感じの本。 最後の「終わりに」という章は、背景知識がないと冗長に感じる箇所だが、読み応えはある。『日本国紀』を書き上げたことへの尊敬と、対抗言論が細かな批判に終始していることへの危機感の対比が興味深い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品