フェルメール全点踏破の旅 集英社新書ヴィジュアル版

朽木ゆり子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087203585
ISBN 10 : 4087203581
フォーマット
出版社
発行年月
2006年09月
日本
追加情報
:
18cm,250p

内容詳細

17世紀のオランダ画家フェルメール。時代や宗教を超えて世界中の心を揺さぶる作品の魅力とは。現存している全30余枚を1枚ずつ丹念に見て歩き、絵が辿った経路や真贋論争など、新情報を整理しながら紹介。

【著者紹介】
朽木ゆり子 : 東京生まれ。ジャーナリスト。国際基督教大学教養学部社会科学科卒。同大学院行政学修士課程修了。コロンビア大学大学院政治学科博士課程に学ぶ。1987年から92年まで「日本版エスクァイア」誌副編集長。94年よりニューヨーク在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
マウリッツハイス美術館展に行く前の予習と...

投稿日:2012/10/25 (木)

マウリッツハイス美術館展に行く前の予習として読みました。 所蔵美術館の都市ごとにチャプター分けされています。 題名の通り作者の旅行記とともに作品が紹介されています。著者はジャーナリストなので、美術史的な解説ではなく、作品の所有者の変遷を主軸に語っています。 新書なのでどうしても絵は小さくなってしまいますが、手軽に読めるしフェルメール入門としてオススメです。

ameg さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
日本人に大変人気のあるフェルメール。その...

投稿日:2009/12/10 (木)

日本人に大変人気のあるフェルメール。その全絵画を世界中に見に行き、いろいろなエピソードを交えて紹介する書。女の著者の例に違わず、男性差別表現があることと、新書版なのでカラー写真もサイズが小さく細部までよく見えないこと、そのくせ値段が高いといった難点もあるが、フェルメールを好きな人なら、単なる名画紹介に留まっていないので、面白く読めるかもしれない。

古楽器奏者 さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    フェルメールは残された絵の点数が少ない。総数で32〜37点しかないのだ(5点については真贋論争があるため、数にばらつきが生じる)。だからこそ可能な旅なのだが、フェルメールを見るためだけにヨーロッパやアメリカに渡航するというのは、なんとも贅沢な楽しみだ。フェルメールといえば、やはり画面の左側から光が射し込む室内画(例えば「真珠の首飾り」)が思い浮かぶ。レンブラントとは、ほぼ同時代人なのだが、レンブラントの光がドラマティックなのに対してフェルメールはあくまでもプライベートで優しい光であり、親密な題材だ。

  • KAZOO さん

    昔は光と影の作家レンブラントが好きでしたが、昔ハーグのマウリッツハイス美術館でフェルメールの作品を見てから光の作家フェルメールにはまりました。今はやはり寡作の夜の作家ジュルジュ・ド・ラ・トゥールに傾倒していますが。そのフェルメールについて37作品を短い期間の間に見ようということで計画された結果がこの本になっています。カラフルで楽しく読ませてもらいましたが「合奏」は見れなかったようですね。私もお金と時間があればこのような旅をしてみたいですね。

  • 市太郎 さん

    大変良かった。フェルメール展のために、こちらのレビューを参考にして本書を決めたが、選んでよかった。解説も分かりやすく絵の観賞の参考になりました。この本を読んで「取り持ち女」の一番端の男が気になっていたが、展覧会にて同じ絵を眺めてこれはきっと僕の事を描いているのだろうと、私も卑しい人間になったと思えたのです。僕も著者のようにこういう旅をしてみたいものだ。絵と人生を追う旅を。一枚一枚の絵を考察しながら。純粋な意味での紀行文とかでは無いのかも知れないがこちらの本は旅本として随分楽しめました。

  • 17 さん

    フェルメール全点踏破の旅と題していますが、(盗難に遭って行方不明の『合奏』は仕方ないにしても、)大人の都合で33作で旅が終わってしまっており、中途半端な感じが否めません。各作品の来歴などは興味深く読ませていただきましたが、制作年代別ではなく、所蔵・展示都市別に追いかけているので、各章のつながりが分かり難く、全点踏破の旅をしているぞ!というアピールは感じつつも、散漫な読書になってしまいました。バラバラに読み返すと良いのかもしれません。

  • Seiei Ikeda さん

    全37枚の絵が、都市の美術館に所蔵される経緯を辿り、歴史と重ねてみる旅である。大部分は宗教画ではないが、どこか崇高さにみなぎっている。著者は荘厳な光の中に佇んでいる女性たちに、聖母とは違う種の浄化作用を感じているという見解をもち、彼の絵には教訓的要素が少なく、何が主題なのかが謎であり、魅力を増していると訴える。「彼は寓意の世界から脱却し構図、光、色といった要素で人間の内面を描こうと努力したいと考えていた・・」読後<デルフト眺望><窓辺で水差しを持つ女>に新たな魅力を知り、惹かれたことは大きな収穫であった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

朽木ゆり子

ジャーナリスト、ノンフィクション作家。東京都生まれ。国際基督教大学、米コロンビア大学大学院に学ぶ。フリーランスライター、編集者となり、1987〜92年、『エスクァイア日本版』誌副編集長。94年よりニューヨーク在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品