CD

朴 葵姫(パク・キュヒ)/ソナタ・ノワール

朴葵姫(パク・キュヒ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FOCD9545
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

朴 葵姫/ソナタ・ノワール

クラシック音楽界の次代を担う『ギターの天使』朴 葵姫(パク・キュヒ)、待望のセカンドアルバムが早くも登場。
 韓国仁川で生まれ、横浜にてギターを始めた朴 葵姫は、幼少の頃からその才能を萌芽。06年にウィーン国立音楽大学に留学後、さらにその才能を開花させ、ドイツ・ハインツベルグ国際ギターコンクール第1位及び聴衆賞、ベルギー“ギターの春 2008”コンクール第1位など、数々の主要な国際ギターコンクールで受賞を続けています。
 2004年に小沢征爾指揮によるオペラ公演に参加、また09年ハクジュホールのギター・フェスティバルに参加するなど、演奏家としてのキャリアも確実に重ねており、11年2月武蔵野市民文化会館でのリサイタルは、NHK「クラシック倶楽部」(BSプレミアム)及びNHK-FMにて放送されました。
 2010年7月、フォンテックより「Sueno スエーニョ〜夢」でCDデビュー。レコード芸術〈特選盤〉をはじめ、各音楽誌・新聞などからも好評を得ています。
 セカンドアルバムとなる本作は、柔らかなイメージの前作からは一転、天使のようなその姿からは想像もつかないような峻厳な内容を含んでいます。清冽な曲調で人気の高いブローウェルのソナタ、古典と現代が融合をみせるバークリーのソナチネをはじめ、「ベン・ハー」などの映画音楽で知られるロージャのソナタなど、ヨーロッパで若くして数多くの研鑽を積んだ、朴ならではの選曲が光ります。世界へ羽ばたく才能―新世代のギター・ヒロインが誘う「黒のソナタ」―お聴きください。(フォンテック)

【ライナーノーツより抜粋】
朴葵姫の紡ぎ出す響きは余りにも純粋、聴き手を一気に音楽の核心へと誘うため、特定の楽器を超越してしまっている。いわば「ギターを忘れさせるギタリスト」、あるいは音楽家。凄い才能が現れたものだ。
・・・明るい音楽の底からじわじわ、心の暗部=夜の顔がかいま見える時、私たちが感じるのは恐怖よりも畏怖、奥行きを増した人間性への尊敬に違いない。朴葵姫は胸襟を開き、夜の世界へと、確かな一歩を記した。(池田卓夫)

【収録情報】
・M.リョベート:ソルの主題による変奏曲
・レオネーサ:スケルツォ・ワルツ
・L.ブローウェル:ソナタ
・M.ロージャ:ソナタ
・L.バークリー:ソナチネ

 朴 葵姫(ギター)

 録音時期:2011年1月26-28日 8月23日
 録音場所:秩父ミューズパーク音楽堂
 録音方式:デジタル(セッション)

内容詳細

黒のソナタと題されたこのCD、おお、と耳ときめかせるワザも随所に仕込みつつ、惹きつけるのはむしろ弱奏の響きの密やかさ。確かに色を湛えながら、どこかヴェールに包まれたような音の背後にしっとりと妖しいような情の気配が滴って漂う。うら若き容貌に似ぬその音、まさに“黒”の佇まい。★(中)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
レガートな演奏であるが非常に音楽的であり...

投稿日:2014/04/20 (日)

レガートな演奏であるが非常に音楽的であり、新しいギターの世界を切り開いたと感じた。楽器も最近の演奏家では珍しく、フレドリッシュである点も好ましい。ピエッリ師事の影響か?

segovia さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
彼女は東京国際ギターコンクールに出ている...

投稿日:2012/03/08 (木)

彼女は東京国際ギターコンクールに出ている頃から、素晴らしい演奏をしていました。そして彼女がCDデビューした時は凄く嬉しかった。今回、二枚目のアルバムですが、どの曲も素晴らしい演奏です。

ヨッチャン さん | 岩手県 | 不明

0
★
★
★
★
★
クラシックギターってほんとにいろんな音が...

投稿日:2012/01/11 (水)

クラシックギターってほんとにいろんな音が奏でられる楽器なんですね。 『Sonata Noir』のキュヒさんの演奏で初めてそれに気付きました。こもった音からきらびやかな音、ハープのような太い音からチェンバロのような薄い音、ハワイアンな感じの丸い音、バンジョーのようなくせのある音、リュートのような古風な音、ピアノにすら聴こえるような瞬間もありました。 キュヒさんが、そんなデリケートな音色の違いをコントロールして、また心を込めて演奏しているのが良く分かった気がします。ギターの曲はほとんど知らなかったのが、大曲のソナタなどを知ることができたのもうれしいです。もっともっと深く聴き込むべきアルバムだと思いました。田園のメロディーが出た時は大阪のコンサートを思い出しました。あとアートワークもとても素敵です。

アマリリスA さん | 京都府 | 不明

0

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品