わたし、定時で帰ります。 新潮文庫

朱野帰子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101004617
ISBN 10 : 4101004617
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
追加情報
:
360p;16

内容詳細

絶対に定時で帰ると心に決めている会社員の東山結衣。非難されることもあるが、彼女にはどうしても残業したくない理由があった。仕事中毒の元婚約者、風邪をひいても休まない同僚、すぐに辞めると言い出す新人…。様々な社員と格闘しながら自分を貫く彼女だが、無茶な仕事を振って部下を潰すと噂のブラック上司が現れて!?働き方に悩むすべての会社員必読必涙の、全く新しいお仕事小説!

【著者紹介】
朱野帰子 : 東京都生れ。2009(平成21)年、『マタタビ潔子の猫魂』で第4回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • どんふぁん さん

    2019年4月21日読了。なかなか爽快。定時で帰るなんていつも目指していることだから、何かそれを達成するためのコツを教えてくれるのかと思ってたら、違う方だった。定時で帰る派と残業する派の戦いだった。そこから、どんどん話が社内のいざこざがメインになっていって、最終的には主人公があーんなことになるとは。ほう。もっと定時で帰る意味を書いて欲しかったなぁ。この内容だったら、残業することが美徳で終わりはしないかと思う。シリーズ次作が出てるので、急いで買いたいと思います。

  • Yunemo さん

    表紙と違ってかなりの現実感が、また組織論のイロハが、記されて。世の中、この4月から働き方改革関連法案が施行されて、残業の上限規制、有休の5日間取得、でも制度・規制が整備されても意味ないですね。現場の末端で、今までと違ってどう働けばいいのか、少なくとも今までと同じ生産性を維持しながら。これって簡単じゃないですよね。また会社に居場所を見つけるためにダラダラした長時間勤務をしてる社員っていますもんね。登場人物のキャラ、まさにそのままどの会社にも。難しいけど原理原則に立ち戻って、新たな組織、職務手順の確立が急務。

  • サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥 さん

    ♪24時間戦えますか?♪というCMが流れていたのは社会人になった頃。時は流れ「働き方改革」や「ワーク・ライフ・バランス」が叫ばれ、「残業は能率が悪い証拠」「部下の休暇取得率が低い上司は低評価」に変わってきた。その割には仕事する量は変わらないというか寧ろ増えている気がするけれど、まあ、それはそれで良いことだ。確かに「私定時に帰ります」を続けるのは、努力なしにはできない、優秀な証拠。登場人物のキャラが極端というか、漫画的ではあるけど、連ドラにするにはこれくらい振り切っていた方がいいのかもしれない。★★★

  • げんちゃん さん

    明野帰子さん初読です!定時で帰るがモットーの結衣。この世の中は定時で帰る人など聞いた事がなかったのでこのような小説は疑問を持ちながら読みました。ドラマ化するという事で読んで、理不尽な上司や周りの目を気にせずに定時で帰る結衣はすごいなぁーw。私なら出来ないですね。今の社会問題を取り上げているとても面白い作品でした。

  • ダイイチルビー さん

    ドラマ化されるということで、ドラマは見ないけど小説は読んでみようと思った。どんな理由から定時にこだわるのかなと思ったが、特に特別な理由がある訳ではなかった。ただ、絶対妥協しないという強い気持ちは凄いと思った。自分も若い頃、当たり前の様にサービス残業を行ったけど、時代は変わっていくなと思った。いい方向に変わっていっていると思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

朱野帰子

東京都生まれ。2009(平成21)年、『マタタビ潔子の猫魂』で第4回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

朱野帰子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド