世界の英語を歩く 集英社新書

本名信行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087202175
ISBN 10 : 4087202178
フォーマット
出版社
発行年月
2003年11月
日本
追加情報
:
18cm,238p

内容詳細

長年広く世界を巡り、ネイティブのあるいはノンネイティブの英語事情をつぶさに観察し、新英語を蒐集してきた著者が、英語の、多文化間コミュニケーションのための考え方、使い方を提案する。

【著者紹介】
本名信行 : 1940年生まれ。青山学院大学国際政治経済学部教授。青山学院大学大学院修士課程修了。英語学、社会言語学、言語政策、国際コミュニケーション専攻。世界各国の路地裏から行政機関の文化社会政策まで広く深く英語事情に精通(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hayatama さん

    鳥飼先生の本でWorld Englishes(世界諸英語)という概念を読んで、購入。正月休みボケのせいか、いまいち内容が頭に入ってこない。著者の言いたいことは分からんでもないのだが、なんか拡散してるような。言いたいこととか紹介したいことがたくさんありすぎてポイントがボケてるというか。で、奥付を見て、なんや10年以上も前の本かよ、と。いずれにしても三刷まで行ってる「語学書」なのに、英語の誤植が多いのはちょっと…。寿司の紹介で、raw fishs liceってパッと見たときには一瞬絶句した。

  • 寝落ち6段 さん

    英語は国際語として世界一話者が多いだろう。ただし、殆どの国では第二言語以下である。それ故に本家英国英語から、豪州英語、インド英語、フィリピン英語などなど、英語が多様化し、融合し、独特の英語に進化する。国際的な場所では、「綺麗な英語」が更に必要とされる一方で、である。言語の変遷はその国の風土でかなり違いが生まれている。風土は言語にどう変化を及ぼすのか、個人的に調べていたらレビューを書くのを忘れていた。

  • N さん

    アジア英語の多様性について書いた良書。ネイティブになるのは無理だしなる必要はない。英米の真似をするために英語を学ぶのではなく、自国の言葉や文化を活かしたまま各地で実用的にローカライズしていく強気な姿勢に勇気付けられる。アジアとのメールの際は、アメリカぶらずに日本語らしい英語を使ってみるのも手かも。

  • 新宅睦仁 SHINTAKU Tomoni さん

    日本人にありがちな「目指せネイティブ」ではない、ツールとしての英語のあり方が紹介されている。とりあえず英語を勉強する前に読んでおいて損はない、というか、ネイティブのように話せないことに引け目を感じがちな日本人は必読ではないかと思う。

  • Yuki Taterin さん

    初版2003年なので情報がやや古いが、マレーシア、フィリピン、ニュージーランドなど世界各地の独特の英語表現を紹介しながら、日本の英語教育がイギリスとアメリカの基準に合わせようともがいている愚かさを、やんわりと指摘した本。「日本っぽい英語表現」「日本の四字熟語をそのまま英訳した諺」とか、作っちゃえばいいのにと個人的に思う。「英米人の発音=標準で綺麗」という考え方は愚かで化石だ。例えば私の中国語は訛っているが、中国語を話す外国人は概して訛っているので、多少発音が変でも誰も気にしない。英語のそうあるべきだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

本名信行

青山学院大学国際政治経済学部教授を経て、同大学名誉教授ならびに文京学院大学特別顧問、一般社団法人グローバル・ビジネスコミュニケーション協会代表理事。専門分野は社会言語学、国際コミュニケーション、アジア諸英語論、言語監査論など。日本「アジア英語」学会会長(2000‐2009)、国際異文化間コミュニケー

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品