Q10 2 河出文庫

木皿泉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416465
ISBN 10 : 4309416462
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
追加情報
:
249p;15

内容詳細

Q10(キュート)と平太の前に、彼女の秘密を知る月子が現れた。Q10がやってきた理由など、全ての秘密を聞かされた平太は、言われるがままQ10のリセットボタンを押してしまう。そのまま月子に連れ去られたQ10に、もう一度会いたいという平太の願いは叶うのか。巻末には80年後のQ10を描いたオマケも収録。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐっち さん

    物語も後半、平太とQ10の恋が終わってしまう予感にハラハラしつつも、私的にくっついてほしい脇役たちを応援。私的にくっついてほしい第一位は入院を繰り返している友人・久保と赤髪のロッカー・民子、第二位は薬師丸ひろ子と田中裕二の先生たち年長組。そして物語は思いがけぬやさしいラストで、かつ、多分ドラマではやってない後日談も。シナリオだけど、ドラマ観てないけど、勝手にキャストの役者さんたちで脳内映像を捏造しつつ読みました。いいお話でした。

  • 紅香@本購入まであと7冊 さん

    Q10に出会ったことから始まる。これは壮大な愛の物語だ。。ドラマから9年経って、私は気付く。どーでもいい世の中だと思ってたあの頃と違って、自分を信じてる私がいるってことに。『今んとこに来るまで色んなものを犠牲にしてこられたんじゃないですか?同じですよ。好きなものを選んできた、その果てに私らはここにいるんですから』人類の愛の果てに私達はいる。胸にチクンとくる言葉にこれからも素直でいよう。愛も勇気も平和もこの世界には必ずある。そして2019年も、私は相変わらず物語の力を大真面目に信じ続けていたということを。

  • 山口 さん

    2010年秋ドラマ「Q10」(キュート)の6話〜9話(最終回)と5年後23歳になった平太たちの話で、シナリオ本です。書き下ろしで80年後、Q10とR31の話もあり、ドラマは見てなかったけど、なかなか面白かったし、感じの良い作品でした。アンドロイドQ10→前田敦子、唯一彼女のリセットボタンを押す権限を持ち彼女に恋心を抱く平太→佐藤健、優等生の河合→高畑充希、河合に想いを寄せる影山→賀来賢人、心臓病で入院中の久保→池松壮亮、Q10の正体を知る謎の引きこもり月子→福田麻由子等々、ドラマが見てみたい。

  • 緋莢 さん

    この巻には6話から最終回の9話、エッセイ『木皿食堂』に収録されていた「Q10 #2015」、そして、書き下ろしの小説「八十年後、丘の上で」が収録されています。 Q10の秘密というか正体が明らかになり、平太は大きな決断を迫られます。そして、同級生や大人たちにも、変化が…Q10の正体に関しては、かなり予想外かつ、壮大なものでビックリしました。教授の「死ぬほど考えるの それが後悔しない、たったひとつのやり方よ」、そして、「キュートを愛したように、世界を愛せ」という言葉(続く

  • れーこ さん

    あー…読み終えてしまった! とても良かった!切なくて可笑しくて感動で心が震えた。 登場人物すべてが愛おしい。 シナリオ本は新鮮だったが、人物ひとりひとりのキャラが手に取るように頭に浮かぶようなリアリティがある。 独特だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

木皿泉

1952年生まれの和泉務と、57年生まれの妻鹿年季子による夫婦脚本家。03年、初の連続ドラマ「すいか」で向田邦子賞受賞、同作でギャラクシー賞受賞。また、初めて手がけた小説『昨夜のカレー、明日のパン』は2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞にもノミネートされ、のちに自身の脚本で連続ドラマ化もされた(本

プロフィール詳細へ

木皿泉に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品