みんな蛍を殺したかった

木爾チレン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784576211015
ISBN 10 : 4576211013
フォーマット
出版社
発行年月
2021年06月
日本
追加情報
:
279p;20

内容詳細

京都の底辺高校と呼ばれる女子校に通うオタク女子三人、校内でもスクールカースト底辺の扱いを受けてきた。そんなある日、東京から息を呑むほど美しい少女・蛍が転校してきた。生物部とは名ばかりのオタク部に三人は集まり、それぞれの趣味に没頭していると、蛍が入部希望と現れ「私もね、オタクなの」と告白する。次第に友人として絆を深める四人だったが、ある日、蛍が線路に飛び込んで死んでしまう。真相がわからぬまま、やがて年月が経ち、蛍がのこした悲劇の歪みに絡みとられていく―。少女の心を繊細に描く名手による初のミステリ作品。

【著者紹介】
木爾チレン : 1987年生まれ。京都府出身。大学在学中に応募した短編小説「溶けたらしぼんだ。」で、新潮社「第9回女による女のためのR・18文学賞」優秀賞を受賞。美しい少女の失恋と成長を描いた『静電気と、未夜子の無意識。』(幻冬舎)でデビュー。その後、少女の心の機微を大切に、多岐にわたるジャンルで執筆し、作品表現の幅を広げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ☆よいこ さん

    YA。病み系。3人のオタク少女の前に現れた美少女「蛍(ほたる)」蛍は電車に飛び込み死ぬ。3人と蛍の間に何がおきたのか?美しいことは幸福か?人を妬み憎しみ闇に落ちていく少女たちの物語。▽入れ替わり系ミステリで人物関係をごちゃつかせるやり方は面白い。▽ブラックなので学校図書館には向きません。小6の女の子が自分の本を貸してくれた。代わりにブルーピリオドを貸してあげた。彼女にはもっと夢のある物語を浴びせようと心に誓う。

  • ゆのん さん

    3人のスクールカースト底辺にいる女子高生と、美少女転校生の話。とは言っても青春モノではないし、感動モノでもない。読んでいて感じるヒリヒリ感は間違いなくイヤミス。最初から最後まで嫌〜な感じばかりだし、誰1人として好感の持てない登場人物達、そして誰も幸せじゃない。読後感はもちろん悪いのに、ページを捲る手は止まらないし、感想を一言で表すなら『面白かった』と言うしかない。

  • よつば🍀 さん

    悪意に満ちた作品。文中から澱んだ空気が溢れ出し胸が悪くなるがリーダビリティの高さと先が気になる展開で一気読み。五十嵐雪、大川桜、猫井栞、スクールカースト底辺のオタク女子VS美少女・七瀬蛍の水面下のバトルが描かれる。東京から転校して来た蛍。三人が所属する名ばかりの生物部に入部し、絆を深めて行くかに思えたが、蛍の真の目的を知ると背筋が寒くなる。本著では体型・容姿コンプレックス、引き籠り、毒親と、負の要素がてんこ盛り。悪意が悪意を呼び、負の連鎖が続いていく展開は救いがない。少女達の絶望感が透けて見えるイヤミス。

  • 『よ♪』 さん

    血の雨が降った線路上に、テディベアのストラップがぶら下がった白い二つ折りのケータイ電話を握りしめた少女の右手が落ちている──と始まる本作、何と言えばいいのか。一言で表すのは難しい。とにかくボク好み。一気読み。あちこちに落ちてる伏線。「あー、ふふん♪きっとそーゆーオチよね」と思ったら「ギョエーー!Σ(*゚д゚ノ)ノ 違ったーっ!」と何度もビックリ。多くは語りません。イヤもう語ってるか。あ、コレ表紙買いです♪黄緑掛かった金髪少女です。ボクのシュミがバレバレ?…とか書いてたら、あーっ!残り字数がっ!足りな…っ

  • よっち さん

    京都の底辺高校と呼ばれる女子校で底辺の扱いを受けてきたオタク女子三人。そんな彼女たちの前に東京から転校してきた息を呑むほど美しい少女・蛍が現れるミステリ。生物部に入部してそれぞれの趣味に没頭する三人に近づき、絆を深めつつあった蛍はなぜ死んでしまったのか。親友と無邪気に言う彼女と接するうちに抱いてゆく複雑な心情、辛い中でも大切にしてきたものを奪われかけた先にあった悲劇。取り戻せない後悔に今も絡め取られ続ける彼女たちの絶望と、一見単純に見えていた構図の中から見えてくるそれぞれの深遠な真実が印象的な物語でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

木爾チレン

1987年生まれ。京都府出身。大学在学中に応募した短編小説「溶けたらしぼんだ。」で、新潮社「第9回女による女のためのR・18文学賞」優秀賞を受賞。美しい少女の失恋と成長を描いた『静電気と、未夜子の無意識。』(幻冬舎)でデビュー。その後、少女の心の機微を大切に、多岐にわたるジャンルで執筆し、作品表現の

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品