DVD

竜馬の妻とその夫と愛人

木梨憲武 / 市川準

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TDV2715D
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
監督
:
音楽
:
追加情報
:
三谷幸喜が語る「竜馬の妻とその夫と愛人」
市川準監督インタビュー
劇場予告編 (特報&予告編)
製作発表記者会見
プロモーション映像(キャラバン用プロモ/試写会告知)
「竜馬の妻とその夫と愛人」の世界 (静止画)

商品説明

亡き竜馬を巡る男女4人のスクランブル・ラブ・コメディ『竜馬の妻とその夫と愛人』。市川準監督、三谷幸喜脚本、木梨憲武、中井貴一、鈴木京香出演。劇場予告他、特典映像を収録予定。

収録時間:本編115分

内容詳細

坂本竜馬が暗殺され、明治が始まり13年が経った。
 竜馬のかつての同志たちは、今や政府の高官や軍の幹部に出世していた。そのうちの一人で新政府の役人・菅野覚兵衛(中井貴一)は、竜馬の十三回忌を催すべく、竜馬の妻・おりょう(鈴木京香)を訪ねる。しかし、おりょうには竜馬といた頃の輝きはなかった。みすぼらしい男・西村松兵衛(木梨憲武)と再婚し、おんぼろ長屋で貧乏生活を送っている。おまけに、竜馬そっくりの愛人・虎蔵(江口洋介)と駆け落ちを企てていたのだ。
 この噂はたちまち竜馬の同志たちの耳に入る。そして、覚兵衛に命が下る。「これ以上竜馬の名前を汚すような行動をとった場合、おりょうを斬れ」と。
 このまま虎蔵と駆け落ちすることになれば、覚兵衛はおりょうを斬らなければならない。しかし、夫である松兵衛は情けないことに何もすることができない。たまりかねた覚兵衛はおりょうを取り戻す作戦を立てるのだが…。

坂本竜馬亡き後の明治13年。竜馬が愛した妻はすでに再婚していた。が、実は竜馬そっくりの愛人と駆け落ちを企てていて……。竜馬に関係していた男女4人が繰り広げる爆笑恋愛大騒動!(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
三谷作品はいつも演劇っぽい映画で、またそ...

投稿日:2009/01/10 (土)

三谷作品はいつも演劇っぽい映画で、またそこがいいところでもあるんだけど、この作品はちょっと異なる雰囲気で、だからかも知れないが映像はすごく綺麗・・カットも長めでカメラーワークが静か。憲武ののダメ男の雰囲気、龍馬役のトータスが結構良かった。でも何といっても鈴木京香が本領発揮って感じで最高の演技で良い。さすがって感じ。

icu さん | 北海道 | 不明

0

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド