カラー新書 ゴッホとゴーギャン[ちくま新書]

木村泰司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480072580
ISBN 10 : 4480072586
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
206p;18

内容詳細

美術史のなかで燦然と輝く二つの巨星。二十世紀美術を準備した「後期印象派」を一望し、狂気と理性による創作の秘密を解き明かす。図版資料多数収載。

【著者紹介】
木村泰司 : 1966年生まれ。米国カリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号を修めた後、ロンドンサザビーズの美術教養講座にてWORKS OF ART修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@勉強中 さん

    ゴッホとゴーギャンの伝記がメイン。二人ともエキセントリックな人間だったゆえに、絶えず生きづらさを抱えてきたことがわかる。ただ、駆け足気味の紹介なので、もっと詳しく二人のことを知りたいと思った。当時の歴史的背景もちょこっと触れられているので、理解を深められる。図版が豊富で、各人の画風を比較することができるのもよかった。ゴッホ展に行きたいけど、混むのだろうな。

  • としP さん

    印象派の画家、ゴッホに興味があったので購入。駆け足でその生涯を追っていった。ゴッホが激情家なことは初めて知った。特に片思いの相手への執着は、正直引いてしまう。

  • takakomama さん

    「ゴッホ展」の予習。ゴッホとゴーギャンを重点的に、印象派から近代絵画への軌跡。アルルでのゴッホとゴーギャンの共同生活は短かったけれど、その後も手紙のやりとりをしています。ふたりは、性格などが、あまりにも違っていても、お互いに相手を評価してると思います。

  • Ari_Ota さん

    多数の図版が収録され、しかもカラーということで衝動買い。古典主義からポスト印象主義までの大まかな動きを論じた後、ゴッホ、ゴーギャンそれぞれの伝記を挟み、彼らを受け継いだキュビスム、フォービスム、ナビ派を紹介するというもの。ゴッホとゴーギャンについてはそれぞれ個別に論じているだけで、特段彼らの交流や画風の異動を論じているわけではない。かと言って彼らに重心を置いた美術史の本かと言えば、伝記的部分が邪魔だし、セザンヌなども同等に論じる必要があると思うので、なんだか中途半端でどう読めばいいか分からなかった。

  • 四ツ谷 さん

    母親がゴッホの絵が観たいというので参考までにと贈った。ゴッホのことは狂人的な性格と盲目的な制作活動をする画家とだけ知っていたけど、今まで美術館に掲げられていた作品の補足が繋がった感じがした。ゴッホは分かりやすい。派閥に関係なく多くの作品には画面一杯に物語がある。しかし、ゴッホにはそれらのことやアカデミックな技法よりも感情が先立つ。フォービズムという言葉は初めて知った。本のボリュームと内容共に簡潔に印象派全体を理解できると思う。あと、ゴーギャンは生粋のロリコンでわろ…えない…(ヽ´ω`)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

木村泰司

西洋美術館史家。1966年生まれ。米国カリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号を修めた後、ロンドン・サザビーズの美術教養講座にてWORKS OF ART修了。知識だけでなくエスプリを大切にした、全国各地での講演会、セミナー、イベントは新しい美術史界のエンターテイナーとして評判をよんでおり、新たな

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品