グローバライズ GLOBARISE 河出文庫

木下古栗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416717
ISBN 10 : 4309416713
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
218p;15

内容詳細

「貴方今此処居、隣坊主居。貴方良香、結構美貌、出所出女体、官能刺激。坊主僧衣下、徐々陰茎充血開始。坊主常時淫猥、何時如何時臨戦態勢、率直申、暇有毎晩様姦淫、繰返女犯、時折複数相手、最高一晩十五発…」外国人に道案内をする僧侶を描く「道」をはじめ、稠密な描写、超文学的技巧で爆発的瞬間を描く―加速する現代に屹立する十二篇。初期短篇「犯罪捜査」の改作を加えた完全版。

【著者紹介】
木下古栗 : 1981年生まれ。著書に『ポジティヴシンキングの末裔』(早川書房)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ピロ麻呂 さん

    アメトーーク読書芸人で光浦靖子が紹介していた作品。なんじゃこれ?訳がわからない…ごめんなさい。僕には合いませんでした(T_T)

  • ネムル さん

    もうこーゆーのいいよ……、ていう保守的な自分がいるわけだが、「反戦の日」「道」に爆笑し、「globarise」のラストのかっちょよさに痺れた自分もまた否定出来ない。

  • 東京湾 さん

    不条理とナンセンスの極致。穏やかに進む日常の世界は突如として崩壊し、破壊と汚辱の世界へ変貌を遂げる。本当にとんでもない小説だ。もはや小説が何なのかわからなくなるような、事故と言ってもいい程の読書体験だった。嫌いではないが合わない人はとことん合わないだろう。だが一度でもこの無秩序な文脈に乗せられてしまえば、もう読み終えるまで引き返せない。慣れてくると笑いさえ込み上げてくるし、いずれも短篇であるため辟易する暇さえ与えられずに読み進めてしまう。仮に読書感想文で書こうものなら呼び出し確実な、世界が吹っ飛ぶ一冊。

  • ちぇけら さん

    ぼくは日常どおり純白のティッシュの前に正座して自らを致す。突き抜ける快楽のために、ぼくが肛門から産まれたことと女の人が肛門から排便排尿をすることとその何ともいえない素晴らしき芳香のことを考えて、続けて三度致して四度目にとりかかるところだ。気分を変えて流したアダルトヴィデオの前説が言う「これはなにより世界の平和のためでして殺人脱税原子力発電所放火強姦核爆弾賄賂覚醒剤痴漢横領がなくなるための銃の引き金ヲヒキナサイ「ねえいってごらんどこがきもちいのあそこじゃわかんないよどこにだしてほしいのなかっていってごらん「

  • マッキー さん

    色々ぶっ飛んでいて自分の想像のはるか斜め上を行く小説だった。支離滅裂で前衛的で気持ち悪くて起承転結もはっきりしていなくて書いた人頭おかしいんじゃねえのこれ。と本気で思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品