発注いただきました!

朝井リョウ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087716993
ISBN 10 : 4087716996
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
追加情報
:
408p;20

内容詳細

『桐島、部活やめるってよ』でのデビューから十年。森永製菓、ディオール、JT、JRA、アサヒビール、サッポロビール、資生堂、JA共済など、様々な企業からの原稿依頼があった。原稿枚数や登場人物、物語のシチュエーションなど、小説誌ではあまり例を見ないような制約、お題が与えられるなか、著者はどのように応えてきたのか!?
「キャラメルが登場する小説」「人生の相棒をテーマにする短編」「ウイスキーにまつわる小説」「20を題材にした小説」など、短編小説十四本、エッセイ六本。
普段は明かされることのない原稿依頼内容と、書き終えての自作解説も収録された一冊。十周年に合わせて依頼された新作小説も収録。

【はじめに(本文より)】
 ある日、某人気ミュージシャンが、「企業や番組とのタイアップのために書き下ろした楽曲のみが収録されているアルバムを発売した」というニュースを見つけた。そのとき、私の頭の中を、大変がめつい考えがぱらぱらと過った。
 自分も、企業とのタイアップや他の作品とコラボして書いた文章を根こそぎ集めれば、一冊分になるのではないか……!?
 それを実現するのは、デビュー十周年のタイミングしかないのではないか……!?
 後ろ暗い思考を駆け抜けていったがめつい座流星群は、その後も輝きを失わず、私の頭の中でちかちか光り続けた。その結果完成したのが、この本でございます。
 ただ、先述したように、作品をそのままずらりとコレクションしただけではあまりに詐欺めいているので、それぞれ、【(1)どんな発注を受けて書いた作品なのかを提示(テーマ、枚数など)】→【(2)作品】→【(3)発注にどう応えたのか、答え合わせ】という順番で掲載すれば、全体の構造として(主に私が)より楽しめるのではないか、と考えた。この一冊を読み終えたころには、皆さまにも、タイアップ作品二十本ノックをやり終えた感覚を味わっていただけることだろう。そもそも味わいたいかどうかは別にして。
(中略)
 ごちゃごちゃ書いたが、いろいろ書いたのにキャンペーン終了と共に葬られちゃうのはもったいない! という私のがめつさが生んだ一冊であることは間違いない。それでは、お楽しみくださいませ。

【著者略歴】
朝井リョウ(あさい・リョウ)
1989年、岐阜県生まれ。小説家。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。13年『何者』で第148回直木賞、14年『世界地図の下書き』で第29回坪田譲治文学賞を受賞。
他の小説作品に『チア男子!!』、『星やどりの声』、『もういちど生まれる』、『少女は卒業しない』、『スペードの3』、『武道館』、『世にも奇妙な君物語』、『ままならないから私とあなた』、『何様』、『死にがいを求めて生きているの』、『どうしても生きてる』、エッセイ集に『時をかけるゆとり』、『風と共にゆとりぬ』がある。

【著者紹介】
朝井リョウ : 1989年5月生まれ、岐阜県出身。2009年「桐島、部活やめるってよ」で第二二回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。12年に同作が映画化されヒット。同年『もういちど生まれる』で第一四七回直木賞候補。13年『何者』で男性最年少として第一四八回直木賞を受賞。14年『世界地図の下書き』で第二九回坪田譲治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 四つ葉🍀 さん

    森永製菓、アサヒビール、資生堂など様々な企業からのお題を元に書いた小説・エッセイ20篇が収録。普段、単行本になった作品しか読まないので企業からこんなに発注がある事にまず驚く。肝心の中身よりも、結構アバウトな発注内容と、作者に取って馴染みのないテーマに関わらず発想を飛ばして一つの作品を作り上げる事に感服する。各作品の終わりに著者本人の感想が書かれているのも新鮮で面白い。私も朝井さん自身が書かれている様に著者には「心地いい読後感」より「心ざわつくような違和感」を求めているけれどこれはこれで興味深く面白かった。

  • イオちゃん さん

    企業から依頼された20本の作品集。依頼内容、本文、感想戦(囲碁将棋じゃないけど、戦っていたのね)の構成は面白いし、読みやすい。朝井さんにとっては、『一粒で二度おいしい』本だけど、20本連続ノック(あれ、今度は野球)は、バラエティーに富んでいて、私も大いに楽しめました。どちらかというと、小説よりエッセイの方が好きなので、感想戦のセルフつっこみは笑えて○。

  • tan さん

    朝井さんの小説はたくさん読みましたが、エッセイは初めてで新鮮でした。作家仲間と親しくしているのは意外でした(笑)もっと孤高の人かと思ってました。デビューしてたった10年。華々しい経歴の割に年齢はまだまだ若くてこの先どこまで行くんだろう?日本だけでは収まり切らないのでは?と思える底知れぬ才能の持ち主だと思います。これは発表された作品をまとめた本なのでさらっと読める感じで重厚さはありませんが、最後の新作短編「贋作」は朝井さんらしさが出ていてやっぱりさすがだと思いました。次回は長編をじっくりと読みたいです。

  • panashe さん

    デビュー10周年、おめでとうございます。 企業タイアップの短編20作品、既読は3編。 森永製菓、アサヒビール、JRA、資生堂、JTなどの多種多様の企業から発注された作品集。企業からこのような依頼がある事に驚くが、多分あまり馴染みがないのでは?と思えるテーマをも書き上げてしまう作家さんって凄いなぁと。好みは「贋作」 朝井リョウの得意分野でゾクゾクした。各編の本人感想は相変わらずの朝井節で可笑しい。

  • まー さん

    朝井さんのデビュー10周年記念として、各タイアップで発表された作品を集めた一冊。企業案件の爽やかや読後もさることながら、最後の書き下ろしのざわざわする違和感、さすがです(褒め言葉)。次は抱腹絶倒エッセイ第3弾をお待ちしています!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

朝井リョウに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品