狩人の悪夢 角川文庫

有栖川有栖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041078556
ISBN 10 : 4041078555
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
469p;15

内容詳細

人気ホラー小説家・白布施に誘われ、ミステリ作家の有栖川有栖は、京都・亀岡にある彼の家、「夢守荘」を訪問することに。そこには「眠ると必ず悪夢を見る部屋」があるという。しかしアリスが部屋に泊まった翌日、白布施のアシスタントがかつて住んでいた家で、右手首のない女性の死体が発見されて…。「俺が撃つのは、人間だけだ」臨床犯罪学者火村英生と相棒のミステリ作家アリスが、悪夢のような事件の謎を解く傑作長編!!

【著者紹介】
有栖川有栖 : 1959年生まれ。大阪府出身。同志社大学法学部卒。89年『月光ゲーム』で作家デビュー。書店勤務を続けながら創作活動を行い、94年作家専業となる。2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞。推理作家・有栖川有栖と犯罪学者・火村英生のコンビが活躍する「火村英生(作家アリス)シリーズ」は、開始後20年を超える今も人気を誇り、18年に第3回吉川英治文庫賞を受賞。19年に作家デビュー30周年となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 五右衛門 さん

    読了。今作特にあ〜読み終えてしまった。感が強いです。題名を見て読み始めて火村准教授が悪夢に魘されるのかなと思い読み始めました。いつもの軽妙な掛け合いがあり読み進めていくうちにこの人しか犯人居ないだろうな。当たっていました。今回は。けれど渡瀬君最後に推理したように本当はこれで満足していたのかなと思わされました。でも犯人は許せません。准教授+今回はアリスまで追及の手を弛めません。イケイケ!作中ですが編集者二人のお祝い事おめでとう!ここ最近この作家さんしか読んでないよな。次もイケイケ!

  • かめりあうさぎ さん

    火村&作家アリスシリーズの長編。「読めた」というよりもはや「会えた」という感覚になるくらいこのコンビが大好きです。ホラー作家の別荘に招待され"眠ると必ず悪夢を見る部屋"に泊まったアリス。その翌日、近所の家で手首が切り取られた死体が発見される。犯人は比較的予想がつけやすいのですが、なんといっても終盤に犯人を追い込む火村のロジックの鋭さと美しさと容赦のなさがたまりません。そんな火村に寄り添うアリスの汚れのなさに読書も救われる。文庫版あとがきにはテレビドラマと本作の関係についても触れられておりファン必読の一冊。

  • ミンティア さん

    作家アリスはミステリとしての謎もそうですが、火村とアリスのコンビがまた面白いんです。これだけでも買う価値はあると思います。まるで漫才をやっているような、そんな印象です(笑) アリスのトンデモ推理に冷静にツッコム火村がもう面白くて面白くて。 さて、殺人事件はアリスが必ず悪夢を見るという別荘で起きた次の日に発覚します。右手首がない女性死体の死亡推定時刻は昨夜。 しかし、昨夜は落雷により大木が倒れ、国道に通ずる道が閉ざされていた。犯人は必然的に別荘地にいた人間に絞られることに……。

  • ネムコ さん

    今回は読みごたえがありました。インパクトのある殺害方法、手首切断の謎、犯人と目された人物は実は…というどんでん返し。そして見えない犯人を追い詰める狩人・火村。殺人の第一発見者はアリス。連絡するなり火村氏が飛んでくるのが微笑ましい。アリスと火村の掛け合いも堪能出来たし、謎解きの意外性もあって、これぞ有栖川ミステリの醍醐味。人を殺す悪夢にうなされる火村にアリスが提案した「悪夢を笑い飛ばす方法」が素敵でした。

  • Syo さん

    分かった。 表紙にも見覚えがあるのに と思ってたら…。 単行本で読んでたんだ。 部分的には覚えていたけど 終盤になるまで 楽しめてしまった。 う〜む。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有栖川有栖

1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。’89年に『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを飾り、以降「新本格」ミステリムーブメントの最前線を走りつづけている。2003年に『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、’08年に『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞、’1

プロフィール詳細へ

有栖川有栖に関連するトピックス

  • 人間の謎を有栖川有栖が解く 火村英生シリーズ、13年ぶりの書き下ろし。人間の謎を、人生の真実で射抜いた、有栖川有栖による傑作長編ミステリ『鍵の掛... HMV&BOOKS online|2015年10月14日 (水) 18:59
    人間の謎を有栖川有栖が解く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品