火村英生に捧げる犯罪 文春文庫

有栖川有栖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167816018
ISBN 10 : 4167816016
フォーマット
出版社
発行年月
2011年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,316p

商品説明

名コンビが情理を尽くし完全犯罪を突き崩す
臨床犯罪学者・火村に奇妙な犯行予告のFAXが届く。相棒の作家・有栖も慇懃無礼な脅迫電話に悩まされる。人気シリーズ短篇集

内容詳細

「とっておきの探偵にきわめつけの謎を」―臨床犯罪学者・火村英生のもとに送られてきた犯罪予告めいたファックス。術策の小さな綻びから犯罪が露呈する表題作ほか、過去の影におびえる男の哀しさが余韻を残す「長い影」、殺された男の側にいた鸚鵡が真実を暴く「鸚鵡返し」など珠玉の作品が並ぶ人気シリーズ。

【著者紹介】
有栖川有栖 : 1959年、大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業。同大学推理小説研究会に所属していた。89年『月光ゲーム』でデビュー。書店勤務の傍ら『双頭の悪魔』など話題作を続々と発表し、新本格派の旗手となる。94年に専業作家となる。2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞小説部門を受賞。本格ミステリ作家クラブ初代会長も務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ダリヤ さん

    ひさしぶりの有栖川さんと火村さん。短編集なのでほどよい濃度でさまざまな角度からの事件が解き明かされてとても読みやすく、おもしろかった。やっぱり火村さんがかっこいい。

  • 純 さん

    ドラマが面白いので、原作を読んでみたくなった。短編集で、謎解きがたくさん読めたのが良かった。次は短編集ではなく、長編を読んでみたい!

  • がたやぴん さん

    タイトルが魅力的すぎ。長編だと思い込んだまま目次を見て意気消沈。短編でした。掌編を含む8作品が掲載。絞殺、撲殺、刺殺と犯行は多岐に及ぶ。アリバイトリックが多く謎の解明が論理的で腑に落ちやすい。フムフムなるほどねと読みすすめるタイプの人だけでなく、短編でありながらもキッチリ推理しながら読むタイプも満足できる。過去9作の短編集より満足度が高い一冊だと思います。一押しは「長い影」です。表題作名には作者の意図があったが感じ取れず残念。文庫版あとがきに掲載されています。単行本派の人は、立ち読みしてみてはw

  • ヒロユキ さん

    まず第一印象としてはタイトルがカッコいい。そんなイメージと裏腹に表題作は、犯人がちょっとアレだったりアリスが相当いじられていたりと気が抜けるような作品でした(笑)ホントに数ページだけのショートな話も多く、結果全体的に洒落た短編集に感じました。

  • 五右衛門 さん

    読了。作家アリス短編、掌編集でした。短いのもありますが今回も気持ち良く読み終わりました。何故かしら読み易いですよね。二人のやり取り、火村准教授の語り。落ち着いていてそれなのに追及の手は鋭い。→スッキリ。これやね。表題作が一番かな。途中で事件が重なり合ってきた時は短編でけりがつくのか心配でしたがアッサリ。またお二人に会いに来ます。のちほど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有栖川有栖

1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。’89年に『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを飾り、以降「新本格」ミステリムーブメントの最前線を走りつづけている。2003年に『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、’08年に『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞、’1

プロフィール詳細へ

有栖川有栖に関連するトピックス

  • 人間の謎を有栖川有栖が解く 火村英生シリーズ、13年ぶりの書き下ろし。人間の謎を、人生の真実で射抜いた、有栖川有栖による傑作長編ミステリ『鍵の掛... HMV&BOOKS online|2015年10月14日 (水) 18:59
    人間の謎を有栖川有栖が解く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品