幻坂 角川文庫

有栖川有栖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041038062
ISBN 10 : 4041038065
フォーマット
出版社
発行年月
2016年01月
日本
追加情報
:
297p;15

内容詳細

雨の坂道で出会い、恋におちるも、自意識のために、愛する女を死に追いやってしまった作家の苦悩が哀切な「愛染坂」。坂に棲みついている猫たちの写真を撮るために訪れた女子高生が、その夜から金縛りと奇妙な悪夢に悩まされる「口縄坂」。大坂で頓死した松尾芭蕉の最期を怪談に昇華した「枯野」など9篇を収録。大阪の町にある「天王寺七坂」を舞台に、その地の歴史とさまざまな人間模様を艶のある筆致で描く。

【著者紹介】
有栖川有栖 : 1959年大阪府生まれ。同志社大学法学部卒。89年『月光ゲーム』で作家デビュー。書店勤務を続けながら創作活動を行う。94年作家専業となる。2000年本格ミステリ作家クラブの設立に参加。03年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
大阪市内は平野の為、起伏がほとんど存在し...

投稿日:2018/12/11 (火)

大阪市内は平野の為、起伏がほとんど存在しない。そんな中、寺町となっている 上町台地周辺には多くの坂がある。その坂の代表的なのが天王寺七坂。 その7つの坂を舞台に描く、ほんのり怖い怪談集。

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とし さん

    大阪七坂巡り、7月に行く予定だったのですが所用で行けなくなり参加した友人より「幻坂」紹介してもらい読みました。不思議な物語でしたが興味深く読むことができました、是非とも歩いてみよう思いました.

  • takaC さん

    単行本が出た年の秋分の日七坂ツアーに参加できなかった自分は約1月遅れで単独ツアーを催行したのでした。そんな縁もあってこの作品への思い入れはとても深いのです。

  • sea&pink(しーぴん) さん

    この本レビューから天王寺七坂なるものを知り、四天王寺界隈のお寺の密集地、以前から興味のあったそこにそんな坂があるとは、早速七坂踏破に行き、読みました。今作は七坂の地理的歴史的背景に密着した怪談集。是非土地勘を仕入れて読む事をお勧めします。「逢坂」にもありますが今、新世界や道頓堀の作り物のエゲツない賑やかさが大阪のイメージになってますが、本来はこの七坂界隈のような幽かな奥行きの深さが大阪の真髄です。ここも廃仏毀釈によって多くが打ち壊されたけれど「形は消えても、覚えてたら残ってるとも言えるで」「真言坂」より。

  • hiro さん

    大阪ほんま本大賞ということで読んだ。アンソロジー以外で初めて有栖川さんの作品を読んだ。大阪の上町台地にある天王寺七坂を舞台にした九編の怪談短編集。以前通勤で上町台地の坂を上り下りしていたが、天王寺七坂のことを知らなかったので、読了後実際に歩いてみた。天王寺七坂は石畳の狭い坂が多く、寺社、墓地、学校、住宅地に囲まれ、他の上町台地の坂道とは雰囲気が違う、怪談話の舞台にもなりそうだと感じた。短編九編の中では、芭蕉を描いた『枯野』、それに『天神坂』と『口縄坂』が印象に残ったが、実際口縄坂に猫がいたのには驚いた。

  • おかむー さん

    『怪談』との触れ込みだけれど、どちらかといえばファンタジー寄りかな?ついったーなどで評判…なのだけれど、ちょっぴり俺にはしっくりこなかったな残念。『もうすこしです』。大阪の“天王寺七坂”を舞台にした短編集でも九篇(笑)。個人的に知らない土地の地理の事細かな描写というものがまるで頭に入らないタチなので、大阪の街並み案内を羅列されても目が滑るばかりでかなり醒める。物語としてほんのり怪異そこはかとなくノスタルジーといった感触は悪くない。ただ最後の“坂”から離れた二話は俳句心がない俺にはまるで響くものがなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有栖川有栖

1959年生まれ。大阪府出身。同志社大学法学部卒。89年『月光ゲーム』で作家デビュー。書店勤務を続けながら創作活動を行い、94年作家専業となる。2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞。推理作家・有栖川有栖と犯罪学者・火村英生のコン

プロフィール詳細へ

有栖川有栖に関連するトピックス

  • 人間の謎を有栖川有栖が解く 火村英生シリーズ、13年ぶりの書き下ろし。人間の謎を、人生の真実で射抜いた、有栖川有栖による傑作長編ミステリ『鍵の掛... |2015年10月14日 (水) 18:59
    人間の謎を有栖川有栖が解く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品