星か獣になる季節

最果タヒ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480804570
ISBN 10 : 4480804579
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
Rocky Boyd ,  
追加情報
:
157p;20

内容詳細

地下アイドルの“きみ”、イケメンの“あいつ”、冴えない“ぼく”、ギリギリを生きる魂たちが織りなすダークでポップな純度300%の青春小説!!

【著者紹介】
Rocky Boyd : 詩人・小説家。1986年神戸市生まれ。2006年現代詩手帖賞受賞。2008年第一詩集『グッドモーニング』(思潮社)で中原中也賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
応援していた地下アイドルが殺人容疑で捕ま...

投稿日:2018/12/11 (火)

応援していた地下アイドルが殺人容疑で捕まる。模倣する事によって自分に容疑を向けようとする 男子高生。なんのためらもなく日常的に殺人を重ねていく狂気的な怖さ。 死と青春が隣り合わせで共存する 詩人ならではの特異な文体で躍動感があり不安定な17歳の心情や葛藤が生々しく描く。

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はまだ さん

    42歳に至った。これまで本を読む機会に恵まれてきた。好きだったり好きじゃなかったりする。本を。文章を。「文体」という言葉は、たぶん意味を備えすぎちゃったので、言い換えたい。文体とは句読点の位置だ。私にとってはそうなのだと思う。位置と量だ。慣れているものとは違うからダメなのか、慣れているだろうものを、句読点の位置と量だけで少し変えようというその心意気が嫌なのか。たぶんそのどちらでもない。難しかった。これって片想いみたいだ。42歳だ。プリンを踏んだことがありますか?私はないです。プリンの話は出てこない。

  • さや さん

    「星が獣になる季節」と「正しさの季節」が収録されている。この二作、さらにあとがきまで含めたこの一冊が素晴らしい。あらすじを語ることはできない。それも含めて素晴らしいから。抽象的にまとめると、どこからも見える星の光は、近づくと燃えて獣になることもある。そんな星をどこから見るのが正しいかなんて誰にも分からない。空を見なければ星を見なくてすむし、どの方角からも星は星として存在してるのに少し違って見える。そんな話。

  • かっぱ さん

    十七歳は星か獣になる季節。ロッド・スチュワートの「ただのジョークさ」という歌で「誰もがヴァレンチノだった」という歌詞があったが、この年齢は自分のことを特別な存在だと思いたいものなのだ。星か獣にでもなって自分のことを周りに誇示したくなるのだ。

  • らむり さん

    ちょっとよく分かりませんでした。

  • Y さん

    青春はすばらしいと言う人がいる。その言葉を否定するには少し躊躇してしまう。だけど実際青春は息苦しいものだった。今よりも視野が狭くて他人を恨んで自分を責めた。筆者はあとがきで青春を「軽蔑の季節だ」と言った。そして青春の生きづらさがどんなものであったかすんなり納得できた。思春期に人は自分の存在がいかに不確かなものか思い知る。けれど、他人を軽蔑することによって揺らいでいる自分に安心感を与えることが出来る。陰惨な連続殺人事件は遠い話のようでありながらありふれた青春の残酷な一面が繰り広げられているとも感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品